住宅の安全性は安全な暮らしに欠かせません。ここではりのべえの耐震改修について紹介します。りのべえは耐震改修においてもトップクラスです。自信を持って耐震改修に臨みます。

1.りのべえの耐震改修はトップクラス

耐震改修と言っても補強の質が変わって来て、「どれくらいまでの強度アップか?」が違って決ます。これを見誤って補強したとしても、時として補強を間違ってしまい、想定外の大地震が発生した場合には倒壊などの危険性が出るのです。
しかし、りのべえの耐震改修はトップクラスの補強です。仮に今までの地震を超える様な大きな地震が来たとしても、建物の倒壊を防ぎます。

2.りのべえがトップクラスな理由は?

建物を補強するにあたっても、補強の内容が適切で無い場合には、十分な補強とはなりません。しかし、りのべえの耐震補強は、基礎や構造部分などの主要部分を、精密な診断を行った後に補強します。そのため、高い耐震性が確保出来るのです。

3.耐震改修が必要な理由

建物の耐震性能は時代と共に変わっています。と言うのも、耐震基準は大地震の発生と共に変わって来たからです。そのため、古い建物は今ほどの耐震性は無い場合が多いのです。
耐震性の大きな変更は1981年に行われています。その実績として、阪神淡路大震災においては1981年以前に建てられた建物の被害が大きかったことが報告されています。

4.建物の弱さについて

建物の地震に対する弱さは大きく分けて2つあります。それは「もともとの構造が弱かった場合」と「老朽化によって弱くなった場合」です。
まずは構造の弱さとしては、昔の建物は今の建物ほどの部材の接合が作られて無かった背景と、強度のポイントとなる「壁の量とバランス」が悪かったためと言うことが出来ます。壁の量が少なく、バランスが悪いと、横からの地震力に耐えきれなくなり、倒壊などの危険性が上がるのです。
また、老朽化としては、基礎のコンクリート部分の劣化や、構造部材の経年劣化や部品の腐食などが挙げられます。耐震基準が変わったのは1981年ですから、その年月を考えると、やはり劣化は否めません。

5.りのべえの耐震改修は安全な生活を約束します

耐震改修は建物の安全性を確保します。耐震性が住む人の安全確保に大きく関係するからです。
りのべえの耐震改修は安全性の高い建物を保証します。古い建物で地震に不安を感じたら、りのべえにご相談ください。