古民家リノベーション@香取市。費用や間取り/外観画像は…

家曳き後に入れた赤土もお客様が厳選したものになっています。一部構造材が腐っていたので交換しましたが、その他はすべて状態が良かったため、既存のものを使用しています。

屋根をふき替え、外部も杉板や、漆喰で仕上げました。基礎上の檜の格子は取り外せるので、床下へも入りやすくなっています。

2009年 千葉県香取市

築150年の古民家再生リフォーム。

雨が降ると床が浸水するのをなんとかしたい、今のものをできるだけ使用したいというご要望から、使える建具、構造材はすべて使い、以前の雰囲気も感じられる空間に仕上げました。

また、土地を上げるために、家を曳いて土と基礎を入れ、建物を戻しています。

リノベーション概要

費用3,000万円
工期5か月
築年数150年
工事面積125平米/38坪
間取り-(平屋)
家族構成夫婦
スタイル古民家

リフォーム前(着工前)

・生活しやすく、使えるものは使って直したい。
・雨が降っても床が浸水しないように地面を上げで、丈夫な家にしたい。

というご要望のもと、古民家再生/全面リフォームを行いました。

着工

木耐協による診断の結果、倒壊の可能性のある数値だったため、金物補強や筋交など耐震補強を行い、建物を強く、丈夫にしました。

リフォーム後(完工/竣工)

建具は、既存のものを補修して使っています。天井は杉の赤身の浮造り仕上げです。

床の間は、漆喰を塗り替え、天井を塗装、落ち着いた雰囲気に。

台所の床は、無垢の桜を使い、壁は珪藻土、天井は杉板を使っています。梁を何本か抜き、既存の梁と新しい梁で強度を持たせています。

洗面カウンターには檜の一枚板を使用。トイレの腰板と床は無垢の桜、壁は珪藻土仕上げ。

脱衣所は、杉板で造った収納扉で、収納力のある空間になりました。

担当リフォームアドバイザー:杉本 義弘(すぎもと よしひろ)

成田ショールーム店店長(千葉県成田市土屋)

お客様の声

主人との思い出のある家なので、昔の雰囲気も残してあるのがとても良いです。

雨も心配ないので、安心して家でゆっくりできます。本物の木を使っているので、落ち着く感じがしますね。