リノベーションで失敗しないためには?失敗を回避する方法を紹介

 

リノベーションで家をおしゃれにしたい、でも経験がないから失敗しないか不安だという方もいるのではないでしょうか。

 

リノベーションは新築の家を購入するよりも価格を抑えつつ、理想の家づくりが可能なため人気です。

 

今回はリノベーションが初めてでも失敗なく、満足のいく家づくりを成功させるために覚えておくべきポイントについて紹介していきます。

 

リノベーションでありがちな失敗を回避するためのコツを紹介するので、これからリノベーションを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次
■リノベーションで失敗してしまう理由とは
■リノベーションで失敗しないために覚えておくべきこと
■リノベーションの目的を確認しよう
■まとめ│リノベーションで失敗しないためには実例から学ぼう

 

リノベーションで失敗してしまう理由とは

一戸建てフルリノベーション

リノベーションで失敗してしまう人には様々な理由があります。

 

・リノベ目的がはっきりしていない

・予算設定を間違えてしまう

・悪い物件を購入してしまう

・業者選びを間違えてしまう

・完成した家がイメージと違う

 

等など、上記のような理由で失敗を経験する人が多いようです。

 

リノベーションは現在住んでいる家をリノベーションするケースと、新しく物件を購入しリノベーションを経て住むケースがあります。

 

人によってリノベーションの目的は異なりますが、リノベーションにおいて大事なことは変わらないので、間違えやすいポイントを理解しておくことは重要です。

リノベーションで失敗しないために覚えておくべきこと

リノベーションをスムーズに、満足のいく形にするためにはいくつかのコツがあります。

 

初めてリノベーションをする人でも安心して取り掛かれるように、ここでは基本的ですが大事なことを紹介していきます。

 

住む家の種類によっても注意すべき点は異なるので、自分が住みたい家はどのようなことに気を付ければよいのか参考にしてみてください。

中古建て(中古住宅)のリノベーションのコツ

戸建てを中古で購入しリノベーションする際「木造在来工法」の家はリノベーション向きです。

 

柱と梁で構成される家は手を加えやすく、耐震性を高めるため「接合部の金物補強」や「耐力壁の増設」などを行います。

 

また、屋根・外壁を中心に断熱材を入れ直し、サッシををペアガラスのものに変更することで断熱性能が向上し居住環境をより良いものにすることが可能です。

 

天井を取り払うことで屋根裏の空間を上手く利用することで戸建てならではの縦の空間ボリュームを生み出します。

 

開放感があり空間全体を広々と見せるほか、より自由な設計ができるといったメリットがあるのです。

中古マンションリノベーションのコツ

マンションリノベーションの場合参考にしたいポイントは主に3つです。

 

まず、築年数は新耐震基準を目安に物件を探しましょう。古い物件だと安全性に不安があったり、住宅ローン減税が受けられないなどの可能性があります。

 

また、マンションの構造に関しては「壁式構造」と「ラーメン構造」の2通りがありますが、壁を壊して部屋をつなげたいなどの要望があるのであればラーメン構造のマンションを選択しましょう。

 

そして、マンションのリノベーション実績の有無や管理規約を確認することが重要です。

 

規約を確認せず勝手に工事をしてしまうと後々トラブルになることもあるため、必ず管理組合に問い合わせをしてみてください(不動産業者を介して確認してもらえます)

家選びのコツ

リノベーションをする物件を購入する際、物件選びで失敗してしまうことも少なくありません。

 

・間取りや広さ

・立地条件

・費用やローン

 

特に上記3点は必ず購入前に確認をすることが大事です。

 

家族構成によって必要な部屋数、リビングの広さ、収納スペースの確保など暮らすうえで重要なことはたくさんあります。

 

住んでから不便を感じないよう、購入前によく検討する必要があるでしょう。

 

周辺環境もよく確認をする必要があります。すぐ近くに山や大きな川があると災害時の不安がありますし、地盤の心配などもあります。

 

また、購入時にかかる費用に関しても注意が必要です。ローン計画を失敗してしまったり、火災保険などその他の費用がかかることを想定していなかったために支払いが予想以上の金額になってしまうことも珍しくありません。

リノベーションの目的を確認しよう

リノベーションをする際、どのような目的でリノベーションをするかは重要となります。

 

価格を抑えつつ自由に設計できるのがリノベーションの魅力ですが、目的がはっきりとしていないのであれば後々になって後悔してしまう可能性もあるのです。

 

まずはリノベーションをする「目的」をはっきりとさせてから、目的に合わせて家を設計しましょう。

古民家風などおしゃれなデザインにしたい

リノベーションをする目的として多いのが「おしゃれな家に住みたい」というものです。

 

家のデザインはモダン、北欧風、カフェ風、古民家風といった様々なスタイルがあり、最近では特にデザインにこだわって家づくりをする人が増えています。

 

見た目がおしゃれな家は見栄えも良く、お気に入りの空間であれば住み心地も良いでしょう。

 

リノベーションは新築を購入するよりもコストを安く抑えることができ、自分の理想のデザイン・間取りに近づけることができるため、見た目にこだわりを持っている人であればリノベーションという選択は最適ともいえます。

使いやすく快適な家にしたい

家族の人数が増えたから部屋数を増やしたい、キッチンとリビングを一体させてより広々と使い勝手の良い空間にしたい、という機能的な改善を求めてリノベーションを選択する人も多いです。

 

リノベーションによって家の間取りを自体を大幅に変更し、より家族が暮らしやすい間取りにすることができます。

 

家事動線の確保収納スペースの増設といった、毎日暮らしていなければ気付かない点を改善する目的でもリノベーションは有効といえるでしょう。

 

リノベーションによって生活の質が向上し、より住みやすく変化していくので、長く暮らせる家となります。

 

リノベーションは住む人の目的を解決し、快適な暮らしを提供してくれる手段なのです。

 

まとめ│リノベーションで失敗しないためには実例から学ぼう

リノベーションによっておしゃれな家を建てたい、住みやすい家を建てたいと考える人は多いです。

 

しかし、リノベーションでは失敗してしまいがちな点もいくつかあるため、あらかじめつまづきやすいポイントをしっかりと確認しておくことが重要となります。

 

家のリフォームは「りのべえ」におまかせ

家のリフォームは、しっかりと技術力を持った信頼できる地元の施工店に任せましょう。

千葉・茨城地域の家のリフォームであれば、エリアに根差した地元営業の「りのべえ」にもご相談ください。

わたしたちは明治32年創業の工務店「ハウジング重兵衛」を母体に持つ、リフォーム・リノベーション専門店です。

工務店グループならではの技術力と、専門店ならではの細かな対応でリフォームをしっかりサポートします。

 

 

千葉・茨城県内には実際の設備を体感いただけるショールームもございますので、はじめの一歩としてぜひお気軽にご活用ください。

りのべえのリフォームショールーム

【りのべえ店舗/ショールーム】

 

リフォームガイドブック

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。