家づくりで失敗しないために覚えておきたい間取り設計のポイント

失敗しない家づくりをしよう

 

家を建てる時やリノベーションをする際、間取り設計について悩むことも多いでしょう。

間取り設計に失敗してしまうと、今後の暮らしを快適にするはずが逆に住みにくいものとなる可能性があります。

 

そのため、家づくりの際失敗を避けるためには、あらかじめ間取り設計をしっかりと行う必要があるのです。今回は、家づくりでよくある失敗例を紹介するとともに、間取り設計のコツについて紹介していきます。

 

コラムのポイント
・リノベーションにおける家づくりの失敗例を紹介します。
・断熱リフォームにはさまざまなメリットがあり施工内容にも複数の種類があります。
・断熱リフォームに利用できる補助金制度があるので有効的に活用しましょう。

 

目次
■家づくりでよくみられる失敗例
■リノベーションで後悔しない間取り設計のコツ
■家づくりの参考にしたい間取りのアイデア
■まとめ
■住みやすい間取りのリフォームは「りのべえ」におまかせ

家づくりでよくみられる失敗例

古い和室のリフォーム

 

家づくりで失敗してしまう人は、どのような失敗をするのでしょうか。リノベーションにおいても新築同様に間取り設計を失敗してしまうことで住みにくい家となることがあるので、あらかじめどのような失敗が多いのかを理解し、家づくりを成功に導きましょう。

 

 

収納スペースが少ない

 

収納スペースはなにかと不足しがちです。家族のそれぞれの部屋やリビングなど、優先的に間取りを割り振っていくと収納スペースが思いのほか狭くなってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、家族が多ければそれだけものも多いので、それらをしっかりと収納できるスペースは優先的に確保しておくことをおすすめします。収納スペースが少ないと結果的に家のなかがものであふれ返ってしまい、住みにくい家となってしまうのです。リノベーションの際には、十分な収納スペースを確保しましょう。

 

部屋をつくりすぎて部屋が狭くなってしまう

 

家族が多いと部屋の数もその分必要になります。しかし、無計画に部屋数を増やしてしまっても、間取りに見合った割り振りをしないと一つひとつの部屋が狭くなってしまい、住みづらくなってしまうでしょう。

 

家族の人数によって最適な広さは異なるため、増築なども検討しつつ、余計なスペースはないかをよく考え間取り自体を変更するのも一つの手段です。

 

キッチンのサイズを間違える

 

リノベーションをする際、キッチン周りの間取りを変更する人は多いです。しかし、キッチンもただ広ければよいというわけではありません。キッチンは使う人のサイズに合わせてつくらないと、かえって家事がしにくくなります。

 

また、キッチンスペースを広くしすぎた結果、リビングなどの間取りが小さくなってしまうこともあるので注意しましょう。広さよりも使い勝手を優先してプランを立てるのがおすすめです。

 

外観や設備にこだわりすぎて費用が高くなる

 

リノベーションによって家の外観や設備のグレードアップを図る人は多いです。より住みやすい家にするために、バスルームやキッチン周りの設備を新しいものに変更することは多いです。また、家の見た目をおしゃれなものへと変更する人も多いでしょう。

 

リノベーションは理想の家づくりが可能であるため、つい色々とこだわってしまった結果、施工費が想定していたよりも高額になってしまう可能性があります。まずは何を優先的に変えていくのか、あらかじめ予算を決めたうえで間取り設計を行いましょう。

 

リノベーションで後悔しない間取り設計のコツ

使い勝手のよいキッチン周り

 

新築やリノベーションでのよくある失敗を避けるためには、しっかりと間取り設計を行うことが重要です。また、間取り設計を行う際にはいくつかのポイントがあります。ここでは、リノベーションで後悔しないための間取り設計の考え方について紹介するので、実際に間取りを決める前に意識しておくべき点を理解しましょう。

 

家事のしやすさを意識する

 

家づくりをする際、実際に住んだときの使い勝手や家事のしやすさはとても重要となります。たとえば家事の動線が悪く、家のなかでの移動が多いと効率がよくないでしょう。そのような家は使い勝手が悪く、住みにくい家となってしまいます。

 

そうならないよう、なるべく家事を行う際の移動を減らし、必要な機能が必要な場所にあることが望ましいです。一ヶ所で目的を完結できる間取りほど、家事の効率が上がり住みやすい家となります。

 

 

不要なものはつくらない・置かない

 

リノベーションをする際、今よりも住みやすい家にするべく色々と間取り設計にこだわりがちですが、あれこれ詰め込みすぎてしまわないようにしましょう。間取りはできるだけシンプルな方が、住みやすく使い勝手もよいです。

 

つい、デザインや機能性にこだわってグレードの高い設備や余分なスペースをつくってしまうことがあるので、できるだけ普段からよく使用するものだけを配置するよう心がけましょう。余計な設備やスペースは部屋を圧迫するだけでなく、余分な費用がかかってしまうため注意が必要です。

 

予算計画は入念に立てる

 

家を新築する際やリノベーションのプランを立てる際は、必ず予算を決めておきましょう。間取り設計を計画的に行うため、あらかじめ予算を決めそれに沿ったリノベーションプランを立てることが重要です。

 

予算がはっきりしていないと、施工内容や施工範囲、使用する素材などさまざまな内容がアバウトになってしまいます。その結果、当初想定していた金額よりも高額な施工費用がかかってしまうこともあるのです。家づくりの失敗例として施工費用が高額になってしまうことはよくあるため、しっかりと予算計画を立てることが大切となります。

 

 

家づくりの参考にしたい間取りのアイデア

収納アイデア

▷▷この事例をもっとみてみる

 

家づくりで失敗しないために、よくある失敗例や意識するポイントについて解説しました。では、実際に間取り設計をする際おすすめの間取りアイデアについて紹介していきます。ここで紹介する間取り例は実際に人気のある間取りであるため、快適な家づくりをしたいという人はぜひ参考にしてみてください。

 

スキップフロア

 

スキップフロアは1階と2階の間にあたるいわば「中二階」のようなフロアです。リビングから直接階段で移動しますが、リビングよりも半階層高くなる分空間に立体感が生まれます。これによりリビング全体を広く見せる効果があるほか、フロアを一個分増やすことが可能です。

 

また、子供の遊び場、書斎、プライベートルームなどさまざまな活用方法があり、間取りの自由度も高まります。掃除がしにくくなるのが難点ですが、見た目や間取りを活用する手段としては有効的なアイデアです。

 

小上がりスペース

 

小上がりスペースは、ほかのフロアよりも「一段」高くなっているスペースを指します。最近ではリビングにこの小上がりスペースをつくる家も多く、和室がない家では小上がりに畳を敷き、和室として使用することも可能です。

 

小上がりスペースをつくることでリビングとの仕切りの役割も果たし、小上がり自体が家族の団らんスペースや寝室としても使用できます。また、小上がりの下部分は段差の分高くなっているため、収納スペースとして活用することも可能です。

 

対面キッチン

 

キッチンを対面式にすることで、家族に背を向けずに家事を行うことができます。とくに小さなお子さんがいる家庭では、リビングで遊んでいる子供の様子を常に確認できるなど、安心して家事を行えるのがメリットとなるでしょう。

 

また、キッチン自体もある程度広さがあるため家事を行いやすく、ダイニングテーブルに直接料理を出す際にも便利です。

 

ランドリールーム

 

ランドリールームは洗濯専用のスペースです。ランドリールームを設置すれば「洗う、干す、取り込む、アイロンをかける、たたむ」といった一連の作業が一ヶ所で行えるため、家事の効率が高まります。

 

また、天候に関係なく洗濯物を干すことができるので、夫婦共働きの家庭で帰宅が夜になっても、突然の雨で濡れたりしないため安心でしょう。2畳ほどのスペースが確保できるのであれば、4人家族の洗濯物を十分に干せるランドリールームを設置することが可能です。

 

まとめ

リノベーション後のキッチン

 

家づくりをする際「新築を建てる」「住んでいる家をリノベーションする」などどちらの場合でも間取り設計は重要となります。間取り設計を間違えてしまうと、住みにくい家となり家づくりを失敗してしまうことに繋がるのです。

 

家づくりに失敗しないためには、実際に家づくりで失敗してしまった例を参考にしたり、さまざまな間取りの事例を確認し、情報を集めることも必要となります。また、おすすめの間取りなど、快適な生活を送るためのヒントを参考にするのもよいでしょう。

 

今回の記事を参考に、家づくりに失敗しないよう、意識するべきポイントをしっかりと再確認してみてください。

 

住みやすい間取りのリフォームは「りのべえ」におまかせ

家のリフォームは、しっかりと技術力を持った信頼できる地元の施工店に任せましょう。

千葉・茨城地域の家のリフォームであれば、エリアに根差した地元営業の「りのべえ」にもご相談ください。

わたしたちは明治32年創業の工務店「ハウジング重兵衛」を母体に持つ、リフォーム・リノベーション専門店です。

工務店グループならではの技術力と、専門店ならではの細かな対応でリフォームをしっかりサポートします。

 

 

千葉・茨城県内には実際の設備を体感いただけるショールームもございますので、はじめの一歩としてぜひお気軽にご活用ください。

りのべえのリフォームショールーム

【りのべえ店舗/ショールーム】

 

リフォームガイドブック

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。