断熱工事でより快適な暮らしに│断熱工事の種類と暮らしの変化を解説

 

冬になると家の中が寒かったり、夏場では室温が上がってしまいエアコンの効きが悪いといったことがあります。

このような事態になってしまう原因として、家の断熱性能が低いことが考えられるのです。

家の断熱性能が悪いと、夏や冬の気温の変化が大きい時期に住みづらさを感じてしまうことがあるでしょう。

 

今回は、今からでも可能な家の断熱工事(リノベーション)について、断熱の効果と暮らしに与える変化を解説し、断熱工事の種類について紹介していきます。住環境を改善したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

そこで今回は、一戸建ての住宅をリノベーションする際にかかる費用や、施工内容について分かりやすく解説するとともに、リノベーションの際に利用できる補助金制度についても紹介していきます。

コラムのポイント
・断熱工事で暮らしが大きく変化します。
・断熱工事には大きく分けて2種類があります。
・2種類の断熱工事にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

目次
■断熱工事(リノベーション)を行うことで暮らしはどう変化する?
■断熱工事の種類とは
■それぞれの工事のメリット・デメリット
■断熱材にはどのような種類がある?
■まとめ
■住みやすい間取りのリフォームは「りのべえ」におまかせ

断熱工事(リノベーション)を行うことで暮らしはどう変化する?

 

断熱工事を行うことで暮らしにどのような変化が起こるのでしょうか。

ここでは、断熱性能を高めることで暮らしに起こる変化について日常での出来事を例に紹介していきます。

関連記事▷▷断熱リフォームは補助金を活用することでお得にリフォームが可能?

 

・冬は暖かく夏は涼しい環境になる

 

断熱工事を行うことで、夏や冬など気温の変化が大きい季節でも家の中を快適な温度に保つことができます。

夏場は外の暑い空気を遮断し、冬場では外の寒い空気を遮断するとともに部屋の中の暖かい空気を外に逃がさない効果があるのです。

 

住環境において室温は重要であり、快適に過ごせることはもちろん、高齢の方が同居している家庭では激しい温度変化の影響で体調を崩してしまうといったことを防ぐ手段ともなります。

そのため、断熱工事を行い家の中の環境を保つことは長く暮らすうえでも必須ともいえるでしょう。

・エアコンなどの電気代の節約になる

 

家の中が暑かったり寒いといったときにエアコンをかける方は多いでしょう。

しかし、断熱性能の低い家では暖房も冷房も効きが悪く、電気代が多くかかってしまい経済的ではありません。

 

しかし、断熱工事を行うことで部屋の温度を一定に保つ効果があるため、エアコンの効きがよく、最低限の電気代の消費だけで済むでしょう。電気代は日々の積み重ねでもあるので、より経済的に暮らしたい方にとってはメリットとなるのではないでしょうか。

・カビや結露が発生しにくくなる

 

断熱工事には、室内の温度を一定に保つ効果以外に、湿度を安定させる効果もあります。

そのため、夏場に気温と共に湿度が上昇することで発生するカビや結露といった問題が起こることも防げます。

 

カビや結露を防ぐためには防カビシートや結露止めなどを使用しなければならず、それでも万全とはいえないためなかなか防ぐことが難しいです。しかし、断熱工事を行うことでこれらを予防することができるため、家の中の衛生面においても安心して暮らせるでしょう。

断熱工事の種類とは

 

断熱工事には大きく分けて「内断熱」と「外断熱」の2種類があります。

この2種類の断熱工事はいずれも施工内容が異なるため、ここではそれぞれの断熱工事の特徴について紹介していきます。

関連記事▷▷リフォーム会社がご提案する暖かい家

 

・充填断熱(内断熱)

 

内断熱は充填断熱とも呼ばれ、従来住宅に行われてきた断熱方法であり、断熱パネルや吹き込み工法なども内断熱に含まれます。内断熱は柱の間に断熱材を入れ、断熱層を作る工法です。

断熱材にはプラスチック素材や天然素材が使用され、柱の隙間に断熱材を入れていく工法となります。

・外張り断熱(外断熱)

 

外断熱は外張り断熱とも呼ばれ、建物の外壁の内側に断熱材をいれて断熱層をつくる工法です。

断熱層ができることで冬の冷気や夏の暑い空気を遮断することが可能であり、室内を一定の温度や湿度に保つことができます。

使用する断熱材は耐水性に優れたプラスチック素材や発泡素材が多く使われており、建物全体を包むように入れていくのが特徴です。

それぞれの工事のメリット・デメリット

 

内断熱と外断熱はそれぞれ特徴が異なるため、各々にメリット・デメリットがあります。

ここでは、内断熱と外断熱のメリット・デメリットについて紹介していきます。

・内断熱のメリット・デメリット

【内断熱のメリット】

・外断熱よりも工費を抑えられる

・電気代の節約につながる

・外壁に影響がないため住宅のデザインを損なわない

・従来から使用される工法であるため技術にばらつきがない

 

【内断熱のデメリット】

・湿気が溜まりやすい

・断熱材がない部分では熱のロスがある

・配線や配管の場所変更が必要

・工事中は普通の生活ができないことも

 

内断熱は従来から使用されている工法であるため、どの施工会社でも技術面のばらつきがなく安心です。しかし、コストを抑えられる分、湿気に対しての効果は弱く、外断熱と比べると断熱効果はやや劣るでしょう。

・外断熱のメリット・デメリット

【外断熱のメリット】

・建物全体を覆うため気密性が高い

・防湿性に優れ結露が起きにくい

・柱の部材が保護される

・建物の劣化を抑え寿命を延ばせる

・省エネにつながる

 

【外断熱のデメリット】

・工事は大掛かりであるためコストがかかる

・工事によっては敷地に余裕が必要

・素材によっては白アリ対策が必要なことも

・換気の方法を考える必要がある

・耐震性との兼ね合いが難しい

 

外断熱は建物外壁から全体を覆うため、気密性が高く断熱性・防湿性にも優れています。

しかし、工事の際足場を組むなど敷地に余裕が必要であったり、内断熱と比較すると費用がかかる点がデメリットともなるでしょう。

断熱材にはどのような種類がある?

断熱工事に使用される断熱材はいくつかの種類がありますが、ここでは主に使用される断熱材の特徴について詳しく解説していきます。断熱材によって得られる効果にも違いがあるため、あらかじめどのような素材にどのような特徴があるのかを把握しておくことも大事でしょう。

・グラスウール

 

グラスウールは主にリサイクルガラスからつくる素材です。グラスウールの断熱に仕組みは、ロックウールを始めとする断熱材と同様に繊維と繊維の間の空気によって断熱効果を発揮します。

グラスウールのメリットは、材料費や施工費を抑えられることです。そのため、断熱工事のコストを抑えたい場合にはグラスウールを使用されることが多くなります。

・ロックウール

 

ロックウールは玄武岩や安山岩といった天然の鉱石を高温で溶かし、繊維状の綿のようにした断熱材です。

ロックウールの断熱のメカニズムは、繊維と繊維の間に抱き込んだ空気によって熱の移動を抑えることによります。

ロックウールのメリットは撥水性に優れているという点となりますが、グラスウールやほかの断熱材と比較したときにコストがかかるという点でしょう。

まとめ

 

家の中の温度を一定に保ちたいのであれば断熱工事を行うことをおすすめします。

また、断熱工事で得られる効果は快適な温度だけでなく、湿度も一定に保つことができる点です。

そのため、冬の乾燥や、夏場のカビや結露などの発生を防ぐ効果があるため、一年を通して快適な住環境を保つことができるでしょう。

 

また、外断熱の場合は家の寿命を延ばすことにもつながるため、大きなメリットともいえます。

今回の記事を参考に、より快適な暮らしを送るためにも断熱工事を検討してみてはいかがでしょうか。

 

住みやすい間取りのリフォームは「りのべえ」におまかせ

家のリフォームは、しっかりと技術力を持った信頼できる地元の施工店に任せましょう。

千葉・茨城地域の家のリフォームであれば、エリアに根差した地元営業の「りのべえ」にもご相談ください。

わたしたちは明治32年創業の工務店「ハウジング重兵衛」を母体に持つ、リフォーム・リノベーション専門店です。

工務店グループならではの技術力と、専門店ならではの細かな対応でリフォームをしっかりサポートします。

 

 

千葉・茨城県内には実際の設備を体感いただけるショールームもございますので、はじめの一歩としてぜひお気軽にご活用ください。

りのべえのリフォームショールーム

【りのべえ店舗/ショールーム】

 

リフォームガイドブック

著者情報

りのべえ 編集部

りのべえ 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram
お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。