リノベーションとリフォームの違い

 

日本の場合、住宅は30年経てば価値がなくなり、建て替えや売ってしまうという考えが浸透していました。
しかし、近年では住宅を長く使おうという考えに変わってきており、リノベーションやリフォームの需要が高まっています。そこで、リノベーションとリフォームという言葉の違いは何なのだろう?という疑問にわかりやすく簡単にお答えいたします。

リノベーションとは

リノベーションとは、既存の建造物に対して大規模工事を行い、デザイン性・快適性・価値を高めるもののことを言います。英語のrenovation「革新、刷新」という単語が由来で、現状よりも新たな機能向上を目的とした工事という意味になります。

リノベーション工事でわかりやすい例が、スケルトン工事です。建築用語でいう「スケルトン」とは、柱や土台、梁などを残して、内壁などを全て壊した状態のことを言います。この状態から、新しい床や壁、天井などを施工することで、全く違う間取りや雰囲気の住宅にすることができます。

住宅のデザインを変えるだけであれば、壁紙の変更や、キッチンの交換などを行えばある程度は雰囲気が変わります。しかし、住宅性能から変えたい場合には、スケルトンにしてから断熱材などを新たに入れる必要があります。冬のトイレが寒い、耐震性が心配などの場合には、このような大規模な工事を行うリノベーションが向いています。

 

リフォームとは

リフォームとは、経年劣化したものや壊れてしまった部分を修理する際に使われる用語になります。一般的に、「マイナスの状態のものをゼロの状態に戻す(新品にする)」という工事に対してリフォームと言います。

壁紙の張り替え、床の張り替えなどはリフォームとされます。また、キッチンの交換や、ユニットバスの交換もリフォームと呼ばれます。大規模な工事に見えますが、工事内容としては交換して設置するだけですので、比較的小規模な工事として扱われます。

 

リノベーションとリフォームのメリットデメリット

リノベーションとリフォームのどちらが良いのでしょうか?どちらが良いというわけではなく、工事の目的に沿って、どの程度の規模で修繕を行いたいかで決めましょう。

リノベーションのメリットデメリット

<メリット>
・住宅性能をあげられる
・間取りを大きく変えられる場合がある

<デメリット>
・費用が高額になる
・工事中は住むことが難しい

 

リフォームのメリットデメリット

<メリット>
・費用が比較的安い
・工事が1~3日で終わる

<デメリット>
・住宅の性能は変わらない

 

家のリフォームは、しっかりと技術力を持った信頼できる地元の施工店に任せましょう。

千葉・茨城地域の家のリフォームであれば、エリアに根差した地元営業の「RenoBASE8」にもご相談ください。

わたしたちは明治32年創業の工務店「ハウジング重兵衛」を母体に持つ、リフォーム・リノベーション専門店です。

工務店グループならではの技術力と、専門店ならではの細かな対応でリフォームをしっかりサポートします。

 

 

 

千葉・茨城県内には実際の設備を体感いただけるショールームもございますので、はじめの一歩としてぜひお気軽にご活用ください。

RenoBASE8のリフォームショールーム

【RenoBASE8店舗/ショールーム】

 

リフォームガイドブック

著者情報

RenoBASE8 編集部

RenoBASE8 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram
お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。