リフォームで間取り変更する際のポイントを紹介

古民家リノベーション 瓦屋根

 

今住んでいる家をもっと住みやすい家にリフォームしたいと考える人も多いでしょう。

 

間取り変更をすることで生活をより快適に、生活の質をさらに向上させることが可能です。

 

間取り変更はリビングだけでなく、キッチンや水回りなど様々な部分で行われることがあります。

 

住む人のライフスタイルに合わせて、より使い勝手の良い家にしたい場合は間取り変更を検討してみましょう。

 

今回は、間取り変更の内容や費用の相場について紹介していきます。

 

目次
■リフォームで間取り変更するといくらかかる?
■間取り変更で主に変更するのはどんなところ?
■まとめ│リフォームで間取り変更する際はかかる費用をよく検討しよう
■家のリフォームは「りのべえ」におまかせ

 

リフォームで間取り変更するといくらかかる?

リノベーション中の様子

リフォームで間取り変更をする際、それぞれ規模や変更内容でどれほどの費用がかかるのでしょうか。

 

なかにはコストをできるだけ抑えたい、決まった予算の中でリフォームをしたいという方もいるため、費用を検討する際の参考にしてみてください。

間取り変更にかかる金額の相場は?

間取り変更の内容は様々です。

 

小規模の物から大規模な内容のリフォームもあるため、一般的なリフォームにかかる費用の相場は約5万円~大規模なもので約300万円となっています。

 

場所別のリフォームの例を紹介すると

 

・アコーディオンカーテンなどの設置:約5万円~約8万円

・間仕切り壁の設置:約5万円~約20万円

・壁とドアの設置:約15万円~約30万円

・ダイニング、キッチン、リビングをLDKに間取り変更:約100万円~約300万円

 

このように、場所や施工内容によって金額は大きく異なります。

 

また、キッチンなど新たに取り入れる設備のグレードによっても金額は大きく異なるため、事前に予算と照らし合わせプランを考える必要があるでしょう。

増築にかかる費用は?

リフォーム工事で、増築をする場合の費用はどれくらいなのでしょうか。

 

一般的な木造住宅であれば目安として2畳で約70万円とされています。これはもちろんリフォーム会社によって金額が異なり、住宅が鉄骨の場合には2畳で約100万円、さらに2階部分に関しては1階部分の補強工事も必要であるため、2畳で約120万円ほどかかるでしょう。

 

増築した部分に何をつくるかで費用は変わり、2階部分のバスルームの増築で浴槽を設置する場合はその分の費用と水回りの配管工事費もかかります。

 

逆に、安く住む増築パターンとしては簡易的なベランダやバルコニーを新たに設置する場合です。

 

簡易的なバルコニーであれば種類にもよりますが約30万円~50万円ほどで増築可能となります。

マンションと戸建てで違いはある?

マンションのリフォームは戸建てに比べ工事をする箇所が少なく済むのが特徴です。工事が可能なのは専有部分のみで共有部分については工事ができず、耐震工事や外構工事が必要ない分コストを安く抑えることができます。

 

戸建てはマンションよりもできることが多く、比較的自由なリフォームが可能です。そのため、費用はマンションよりも高くなります。

 

しかし、土地付きの戸建てはマンションとは異なり、土地以下の金額にはならないため将来的な売却を考えているのであれば資産価値の観点で見るとメリットが大きいといえるでしょう。

間取り変更で主に変更するのはどんなところ?

戸建てのリフォームで実際に間取り変更をする際、どのような部分の間取り変更が多いのでしょうか。

 

ここでは、場所ごとにリフォームで間取り変更をすることで得られるメリットについて紹介していきます。

 

今後家のリフォームを考えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

玄関周りの間取り変更

玄関スペースが昼間でも暗い、子供が大きくなり玄関周りが混雑する、このような理由で玄関周りの間取り変更する人は多いです。

 

玄関は毎日使う場所であり、家の入口であるため広く明るく、使いやすい場所であることが望ましいですよね?

 

玄関を間取り変更することで

 

・採光が良く明るい空間になる

・防犯性を高められる

・動きやすい動線を確保できる

・位置を変更することで車通りが多い道でも防音効果がある

・玄関や階段の位置を変えることで間取りを大幅変更できる

 

このようなメリットがあります。

 

また、高齢者が一緒に住んでいる家庭では、ドアを引き戸にしたり玄関前の階段をスロープにすることでバリアフリーの効果を高めることも可能です。

 

住む人のライフスタイルに合わせて、使いやすい玄関周りにすることができるでしょう。

階段の位置を変更

1階と2階を結ぶ階段の位置を変更する人も多いです。

 

階段の位置を変更することのメリットとしては

 

・洗面所から洗濯干し場までの効率の良い家事動線が確保できる

・階段の傾斜を変更することでバリアフリー効果がある

・玄関と階段の位置を変更することで広い間取りに変更できる

・リビングに設置することで家族の常に家族と顔を合わせることができる

 

このようなものがあります。

 

学校に通うお子さんがいる家庭では、帰宅後玄関から直接階段を昇って自分の部屋に行ってしまうとなかなか顔を合わせることができません。

 

しかし、階段をリビングに設置することで2階に上がる際は必ずリビングを通るため、常に様子を確認することができるため、自然とコミュニケーションも取りやすくなるでしょう。

 

また、最近では階段下のスペースを収納スペースとして活用する例も多いため、階段にも便利な機能性を持たせるのが良いでしょう。

水回りの間取り変更

トイレやバスルームを間取り変更する例は多く、家族構成によってもリフォーム内容は異なります。

 

水回りは家事においても重要な部分であるため、使いやすさを意識した間取り変更を検討すると良いでしょう。

 

注意点としては排水管の位置関係に注意することです。

 

例えば1階と2階にトイレを設置する場合、それぞれのトイレの上限関係はなるべく同じ位置になるようにしましょう。

 

また、キッチン、トイレ、バスルーム、脱衣所(洗面所)はなるべく近い位置に配置すると家事動線が短くなり便利になるだけでなく、排水管の工事も簡単であるため余計な費用がかからずに済みます。

 

浴槽を1階に置くか2階に置くか、それぞれにメリットとデメリットがあるため、よく検討して決めることが大事です。

まとめ│リフォームで間取り変更する際はかかる費用をよく検討しよう

豪華な和室の間取り

リフォームは現状を回復しつつより住みやすい家に改修する工事です。

 

施工する場所、施工内容によって費用は異なりますが、設備の劣化があったり家族のライフスタイルに合わせてさらに住みやすい家にしたいと思うのであれば、予算を決めつつより快適な家にリフォームするのが良いでしょう。

 

費用や施工内容については信頼できるリフォーム業者とよく相談し、最適なプランを提案してもらうことで失敗のないリフォームができます。

 

家のリフォームは「りのべえ」におまかせ

家のリフォームは、しっかりと技術力を持った信頼できる地元の施工店に任せましょう。

千葉・茨城地域の家のリフォームであれば、エリアに根差した地元営業の「りのべえ」にもご相談ください。

わたしたちは明治32年創業の工務店「ハウジング重兵衛」を母体に持つ、リフォーム・リノベーション専門店です。

工務店グループならではの技術力と、専門店ならではの細かな対応でリフォームをしっかりサポートします。

 

 

千葉・茨城県内には実際の設備を体感いただけるショールームもございますので、はじめの一歩としてぜひお気軽にご活用ください。

りのべえのリフォームショールーム

【りのべえ店舗/ショールーム】

 

リフォームガイドブック

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。