MENU

千葉のリノベーション会社が目指す家族に最適なリノベーションとは?

千葉リノベーション会社,リノベーション,耐震改修,断熱改修,間取り

 

リノベーションとは、住宅に大規模な改装を行うことです。一軒まるごとリノベーションすれば、新築同様の家に生まれ変わります。新築同様になるということは、外観や内装など目に見える部分がきれいになり、キッチンや浴室など使い勝手にかかわる部分が一新されるだけではありません。耐震性、断熱性も向上し、命と財産を確実に守れる家、夏涼しく冬暖かい年間を通して快適な環境が維持される家に変わります。

リノベーションは住宅が持つ暮らしにくさを根本的に解決する

「キッチンが片付かない」

「お風呂が寒い」

「隣の空き地に隣家が建ってから、日当たりが悪くなってしまった」

家は長く住む所です。その為、長く住むうちには、様々な不具合が出て、使い勝手の悪さを感じるようになってきます。また、家族のライフスタイルの変化によって、暮らしやすい間取りが、変わってくることもあります。周辺の環境の変化で、日当たりや風通しが悪くなってしまうこともあるでしょう。

そのような時に、少しでも暮らしやすい状態を作るために、小規模なリフォームを繰り返すご家庭が多いのは、少ない支出でできるからではないでしょうか?ただ、築年数にもよりますが、表面的な小規模リフォームを繰り返しても、根本的な解決にはなりません。次々にリフォームしたい場所が増え、リフォームを続けるうちに、結局は高額なリフォーム費用を使ってしまうことになりかねません。

部分リフォームを請け負うリフォーム業者の中には、浴室のリフォームを請け負った際、工事を始めたら、床下がシロアリでひどい状態になっていた。追加料金は請求できないので、そのまま、浴室改修だけ行ったというような業者もいます。

一軒まるごとリノベーションでは、プラン作成前に、必ず現地調査をします。屋根、小屋裏、外壁、床下などの状態を把握したうえで、リノベーションプランを建てることで、根本的な改善、改修ができるからです。見える部分、使い勝手の悪い部分だけを部分的に改修しても、住宅の寿命は変わらりません。日本は地震が多い国なので、経年劣化による耐震性の低下は、家族の命にかかわります。特に、昭和56年以前に建てられた住宅は、現行の耐震基準を満たしていないため、大地震が発生した際には、大きな被害を受ける恐れがあります。

加えて、日本には四季があり、季節の変化によって、気温が変化します。季節の変化、気候の変化に応じて、室内の温度を調整できなければ、冬は寒く、夏は暑い家になってしまいます。その寒さ、暑さを解決するために、エアコンをフル稼働させ続けていれば、光熱費も必要以上に消費してしまいます。日々進化している家電を買い替えると、電気代が倹約できることに、気付くことはありませんか?家の断熱性も同じです。断熱性を高めると、家の中が魔法瓶のような状態になるので、最小限のエネルギーで、家の中を最適な温度にすることができます。

リノベーションでできること

耐震性と断熱性を高めることは、リノベーションの基本です。その上で、リノベーションでできることを確認していきましょう。

間取りを変える

「キッチンが片付かない」

千葉リノベーション会社,リノベーション,耐震改修,断熱改修,間取り

キッチンが片付かない原因として、収納と間取りが挙げられます。古いタイプのキッチンは、キッチン自体の収納力が低い、キッチンが狭く十分な収納スペースがないなど、収納の不十分さが考えられます。そうなってしまう原因は、間取りにあります。ダイニングキッチンとリビングが間仕切りで分けられている間取りでは、キッチンが狭く、十分に収納スペースが確保されていないのです。その結果、買い置きの食料品、調理家電、調理器具などが溢れ、片付かないキッチン、作業効率の悪いキッチンになってしまっています。

解決策として、間仕切りを外してリビングと繋げ、LDKに間取りを変更するという方法があります。最新のシステムキッチンは、収納力が非常に向上していますが、それだけでは十分ではありません。キッチン内に買い置きの食料品、調理家電、調理器具など、すべてを収められる収納スペースを確保することで、片付きやすく、作業効率の良いキッチンに変わります。

「部屋数を増やしたい」

千葉リノベーション会社,リノベーション,耐震改修,断熱改修,間取り

子供部屋を作ってあげたい、テレワークが増えたのでワーキングスペースが欲しい、母親が伴侶を亡くしたので一緒に暮らしたいなど、暮らしの変化によって、新しい部屋が必要になる場合があります。そのような場合には、増築をして部屋数を増やすことができます。

窓を変える

「日当たりが悪くなった」

新築当時は、周辺に家がなく、日が差す方向や、道路との位置関係だけを考えて、窓の位置を決めたので、日当たりも景観も良い家だった。しかし数年前から周辺に住宅が密集し始め、今では日当たりと風通しが悪くなり、隣家からの視線も、気になる家になってしまった。このような問題は、室内環境に悪影響を及ぼすので、非常に深刻ですが、窓の位置と間取りを変えることで、快適な環境を取り戻せます。

フルリノベーションでは、新築住宅と同じ要領で、階段の位置を含めて、何の制限もなく、自由に間取りを変えられます。中でも壁を壊すリノベーションの場合には、窓の位置や大きさも新しい間取りに合わせて変えられます。変化した周辺の状況に合わせて、吹き抜けと、トップライトやハイサイドライトの組み合わせで、プライバシーを守りつつ、日当たりと風通しを確保するなど、現在の状況に最適な間取りと窓に変えられます。

「お風呂が寒い」

千葉リノベーション会社,リノベーション,耐震改修,断熱改修,間取り

古い家の浴室が寒い理由は、換気の為に大きな窓が設けられているからです。リノベーションの際には、壁の断熱改修をしますが、大きな窓がついていると、その効果は半減してしまいます。窓から暖かさが逃げて行ってしまうからです。その為、リノベーションの際には、窓のサイズを小さくし、寒いお風呂を改善します。外壁を残すリノベーションでは、窓を大きくしたり、窓の位置を変えたりはできませんが、窓のサイズを小さくすることはできます。

建て替えとリノベーションの費用の違いと補助金

外壁まで壊すなら、建て替えと変わらない費用がかかるだろう…と思われる方が多いと思います。しかし、そんなことはありません。一軒まるごとリノベーションでは、新築住宅に建て替える費用のおよそ7割で、新築同様の家に生まれ変わります。外壁や階段を残す場合には、さらに費用を抑えられます。新築する場合、元が何もないので予算は削れませんが、リノベーションでは現在の家にある「活かせる部分の残し方」によって、予算を調整できるのです。もちろん、どのような残し方をするリノベーションであっても、断熱改修と耐震改修は確実に行います。

綿密な現地調査で得た、現在の住宅の状態と、リノベーションで手に入れたい新しい家への希望、そして予算に合わせたリノベーションプランを作成するので、費用の心配なく、リノベーションを行えます。作成したリノベーションプランを基に、設計が進められ、リノベーション工事へと進んでいきます。

その他のリノベーションの方が費用を抑えられる理由には、新築時には必要とされる登録免許税、登記費用、確認申請費などにかかる手数料が抑えられることもあります。さらに補助金が受けられる場合もあります。

長期優良住宅化リフォーム推進事業が行っている助成制度では、住宅性能向上のためのリフォームに対して、補助金を出しています。リノベーションの内容に応じて、長期優良住宅リフォームの補助金が受けられます。

評価基準型 補助金上限100万円

認定長期優良住宅型 補助金上限200万円

高度省エネ型 補助金上限250万円

もっと暮らしやすい家にしたいとお考えであれば、根本的な解決ができるリノベーションをおすすめします。現在の状況に合わせて、最適なプランをご提案させていただきます。補助金申請のお手伝いも致します。ぜひご相談ください。

 

***

リフォームやリノベーションを検討し始めると、どのくらいに期間と費用がかかるのだろう?工事中はどうやって生活するのかしら?など、様々な疑問が出てきます。どんなことでも、どうぞご相談ください。大事な持ち家を大切にしながら、より暮らしやすい家にすることが、りのべえの基本です。より良い暮らしができる家にしたいという想いを叶えるお手伝いをさせてください。

リノベーション無料診断のお申込みはこちらからどうぞ

資料請求はこちらからどう

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

TOPへ戻る
TOPへ戻る