MENU

千葉のリフォーム会社が提案する暖かい家へのリフォーム

千葉リフォーム会社、一軒まるごとリノベーション、リフォーム、断熱改修、暖かい家

 

リフォームをされる方の中には、「冬になると冷えるので、リフォームしたい」と希望される方がいらっしゃいます。一方、家が冷えるのは仕方がないと考えていらっしゃる方も少なくありません。住宅設備機器や、間取り変更の打ち合わせの際に、キッチンが冷える、廊下が寒いなどのお話をよく伺います。

築年数の古い家は、断熱性が低い家が多いので、寒い家が多いのです。長く寒い家に暮らしていると、不便さは感じても、冬は寒い季節なのだからとあきらめてしまう方がほとんどです。その為、リフォームの際には、断熱性を高めるための改修工事も同時にすることをご提案しています。現在の住宅の状況にもよりますが、断熱改修を伴うリフォームにはいくつかの方法があります。

断熱改修の方法

理想は、家中の断熱性を高める方法ですが、部分的なリフォームの場合は、リフォームした部分の断熱化をすることもできます。

一軒まるごとリノベーションで暖かい家に

千葉リフォーム会社、一軒まるごとリノベーション、リフォーム、断熱改修、暖かい家

土台と骨組みだけ残して、フルリフォームする一軒まるごとリノベーションは、築年数の古い家を新築同様に生まれ変わらせます。屋根も外壁も取り除くので、天井、壁、床は断熱改修というより、断熱性の高い新築住宅を建築するのとほぼ同じです。リフォームの目的が、間取りも水廻りも全面的に変えたい、新築同様のきれいな家に生まれ変わらせたいというような場合にぴったりの方法です。

天井、壁、床に高断熱の断熱材を使うのはもちろんですが、加えて、壁も取り壊すので、周辺の環境に合わせて最適な位置に、断熱性の高い窓を取り付けられます。居住年数が長くなると、その期間には、周辺の環境が変わってしまうことがあります。以前は畑で見晴らしがよかったのに、周辺に住宅が増え、日当たりが悪くなった、隣家からの視線が気になる窓になってしまったというような悩みも、同時に解決できます。

屋根や天井を残すフルリフォームの場合には、天井、壁、床を断熱改修し、今ある窓を全て断熱性の高い窓に交換し、断熱性の高い住宅に生まれ変わらせます。

暖かい洗面所と浴室

千葉リフォーム会社、一軒まるごとリノベーション、リフォーム、断熱改修、暖かい家

築年数の古い家は、換気の為、大きな窓がついていることが多く、冬は非常に冷え込みます。その為、リフォームで浴室暖房付きシステムバスにしたのに、入浴の1時間前から暖房をしておかないと寒い、というリフォームの失敗例もあります。

そのような結果になってしまった原因は、住宅設備機器の交換だけをしたからです。確かにシステムバスは、浴槽だけではなく、床や壁パネルも張り替えるので、断熱性は上がります。ただ、それだけでは、冬の寒さは解決しません。なぜなら、窓から冷気が侵入してくるからです。洗面所も、洗面台の交換だけをした場合、洗面所の窓からも、冷気が侵入してきます。

リフォームの際に、窓のサイズを小さくすることに加えて、断熱性の高い窓に交換すれば、リフォームの結果は驚くほど変わります。1時間も前から浴室暖房をする必要がなくなり、洗面所での朝の支度も、快適にできるようになります。

暖かい家にする必要性

暖かい家の良さは、暮らしの快適さや、家族の健康維持、エネルギー節約に加えて、資産価値を高めることにもあります。

暮らしの快適さと家族の健康維持

断熱改修をして、すぐに体感できることは、暮らしの快適さです。今までの冬の生活が一変します。

部屋の中の温度差がなくなる

断熱性の低い家では、暖房の熱が天井付近に上がっていき、そこにとどまってしまいます。その結果、暖房をしているのに部屋が暖まらない、顔は熱く、脚は冷えるというような状態になってしまいます。断熱改修をすると、暖かい空気の上昇が緩やかになり、部屋全体が暖まります。

家の中の温度差が抑えられる

暖房をしている部屋としていない場所の温度差が大きい理由は、断熱性の低さです。断熱改修をすると、暖房をしている暖かい部屋と、暖房をしていない廊下や玄関との温度差が抑えられます。

家の中の温度差が大きいと、高齢者は血圧が乱高下してしまいます。夜中に暖かい布団から出て寒いトイレに行く、暖房で暖かいリビングから寒い洗面所に行き、暖かい浴室に入るなどの行動が、ヒートショックを起こしてしまうことがあります。

冷暖房をしている時間としていない時間の温度差が抑えられる

暖房の方法にもよりますが、ほとんどの家庭では、就寝前に暖房を切ります。その為、朝、起床した時には、家の中は冷え切っています。寒い室内は、体温を低下させます。体温の低下は、免疫力の低下に繋がります。免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなったり、病気や怪我が治りにくくなったりします。小さなお子さんがいるご家庭では、子供がアレルギーを発症しやすくなる恐れさえあります。

夏には、就寝前にエアコンのタイマーを入れ、入眠した頃合いにタイマーが切れるように設置されるご家庭が多いと思います。断熱性が低い家では、タイマーが切れると、途端に室内が蒸し暑くなり、寝苦しくて目が覚めてしまうことがあります。断熱改修をすると、タイマーが切れてからも、急激に室温が上がることはなく、睡眠が妨げられることもなくなります。

エネルギー節約

断熱性が低い家では、冷暖房の効率化が良くないので、電気やガスなどのエネルギー消費が多いです。しかし、断熱改修した後には、最小限の冷暖房で室内を快適な温度に維持できるので、電気やガスにかかる料金が大幅に節約できます。

資産価値を高める

近年、新築住宅の断熱性は徐々に高くなってきています。耐震性能と違い、断熱性能は義務化されてはいません。しかし、エネルギー消費を抑えられる住宅の割合を増やしていくということが、政府の方針です。したがって、今後は、断熱化されていない住宅は、資産価値が低下していくことが考えられます。

リフォームの際に、耐震性は当然ことながら、断熱性も高めておくことで、住宅の資産価値の低下を抑えられます。さらに、一軒丸ごとリノベーションの際に、次世代省エネ基準レベルにまで高めた場合、資産価値を高めることもできます。

建て替えより費用を抑えられる暖かい家へのリフォーム

古い家だから暖かい家にはならないだろう…とお考えだった方も、一軒まるごとリノベーションで、暖かい家が実現することがお分かりいただけたのではないでしょうか?その上で、費用についても考えなくてはなりません。戸建て住宅の平均的な床面積である40坪の家の建て替えと、一軒まるごとリノベーションにかかる費用を比較してみましょう。

建て替えする場合の費用相場は2,500万円~2,800万円程度、一軒まるごとリノベーションする場合の費用相場は1,500万円~2,500万円程度です。一軒まるごとリノベーションの場合、骨組みだけ残すケースと、外壁を残すケースでは、費用が変わってきます。また、築年数や、現在の家の状態によっても、費用は変わります。その為、建て替えよりも費用の幅が大きいのですが、建て替えより費用が抑えられます。

また、施工の依頼先によっても、費用は大きく変わってきます。テレビコマーシャルでお馴染みのハウスメーカーが手掛けるリフォーム、リノベーションは、費用が高額です。地元密着型のリフォーム会社は、大手ハウスメーカーほど高額ではありません。加えて、地元密着型なので、地域の気候や周辺の環境に合わせた提案をします。

きれいな室内にしたい、暮らしやすい間取りにしたいなど、目に見える部分への希望だけではなく、暮らしの快適さにも目を向けたリフォームをしませんか?

***

リフォームやリノベーションを検討し始めると、どのくらいに期間と費用がかかるのだろう?工事中はどうやって生活するのかしら?など、様々な疑問が出てきます。どんなことでも、どうぞご相談ください。大事な持ち家を大切にしながら、より暮らしやすい家にすることが、りのべえの基本です。より良い暮らしができる家にしたいという想いを叶えるお手伝いをさせてください。

リノベーション無料診断のお申込みはこちらからどうぞ

資料請求はこちらからどう

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

TOPへ戻る
TOPへ戻る