リフォームでリビングを快適空間にするためには?ポイントを紹介

 

家の中心であるリビングは家族が集まる団らんスペースであり、くつろげるスペースとして生活においての役割が大きい場所です。

 

そのため、リビングをリフォームする際見た目や機能性にこだわりたいという方も多いでしょう。

 

戸建てでもマンションでもリビングの役割は大きく、快適な暮らしを送るためには使い勝手の良いリビングであることが望ましいです。

 

今回は、リビングをリフォームする際のポイントについて紹介していきます。

 

これからリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次
■リビングリフォームの際抑えるポイント
■リフォームでリビングを快適空間に変えるコツ
■まとめ│リフォームでリビングを快適空間に変えよう
■家のリフォームは「りのべえ」におまかせ

 

リビングリフォームの際抑えるポイント

リビングのリフォームをする際大事なこととはどのようなことでしょうか。

 

リビングは「居間」であり、食事スペースとなるダイニングやキッチン、それぞれの部屋へとつながる家の中心部分です。

 

家族が集まる場所でもあるため、リビングのリフォームをする際にはより快適な空間を目指したいですね。

 

ここではまず、リビングをリフォームする際抑えるべきポイントについて紹介します。

リフォームにかかる費用や相場を把握しておこう

リビングのリフォームにかかる費用は規模によっても大きく変動し、価格帯の相場は15万円~150万円となっています。

 

・クロスの張り替え(10帖):5~11万円

・フローリングの張り替え(10帖):11万円~20万円

・間仕切りの設置:8万円~25万円

・間仕切りを撤去してリビング拡張:40万円~90万円

・床暖房の設置:65万円~110万円

 

部分的に見た相場は上記の通りですが、これは業者によっても価格が大きく異なる場合があります。

 

また、取り入れる設備のグレードによっては総額が200万円を超えることもあるため、予算やリフォームの内容についてはよく検討をしましょう。

リビングも収納スペースとして活用する

リビングはくつろげる場所であると同時に、家族が集まるため物が多くなりがちな場所でもあります。

 

そのため、しっかりと収納スペースの確保をしておかないとリビングが物であふれかえってしまい、散らかってしまうでしょう。

 

リビングはある程度広さがあるため、小上がりスペースやスキップフロアをつくることでも収納スペースを確保することが可能です。

 

無駄なスペースを生まないような間取り設計にすることで、空間を有効活用でき、十分な収納スペースをつくることができるでしょう。

 

おしゃれな見た目で、収納もできる機能的な空間づくりを目指してみてください。

リビングとキッチンの一体化で広々とした空間に

リビングダイニングとキッチンを一体化させることで、空間を広々と使うことが可能です。

 

オープンキッチンにすることでキッチンからでも部屋全体を見渡すことができるため、小さなお子さんがいる家庭でも人気の間取りとなっています。

 

これまでキッチンスペースが独立していた場合、リビングと一体化することでその快適さに気付くことができるでしょう。

 

家の広さによっては空間同士の仕切りをなくしたり間取りを工夫することで、狭い家でも広く見せることが可能です。

 

ゆったりとした空間づくりを意識しましょう。

マンションのリビングもリフォームは可能

マンションのリフォームはそれぞれのマンションによって規定が異なる場合がありますが、基本的にはコンクリートの壁・床・天井・床下や天井裏、間仕切り壁のリフォームが可能です。

 

ただし、間仕切り壁であってもコンクリートでできた壁や、ベランダ・サッシ・ドアといった部分のリフォームは共有部分とされていることが多いため、個人ではリフォームができません。

 

マンションには専有部分と共有部分があり、それぞれでリフォームの可否が変わります。

 

床の防音規定などもあるため、住んでいるマンションの管理規約をしっかりと確認したうえで検討しましょう。

リフォームでリビングを快適空間に変えるコツ

モダンなLDK空間

リビングのリフォームをする際、見た目や機能性といったこだわりたいポイントは住む人によって大きく異なります。

 

住み心地が良く、快適な空間にするためには何かコツがあるのでしょうか。

 

ここでは、リビングリフォームを成功させるためのコツを紹介していきます。

床や壁などデザインにもこだわる

リビングの内装にこだわりたいのであれば、床や壁といった面積の広い部分にまずこだわりましょう。

 

床や壁のデザインで部屋全体の印象が大きく左右されるため、自分がどんな見た目の家に住みたいのかをよく検討し、間取りやデザインを決めるようにしてみてください。

 

モダン、ナチュラル、北欧風といった様々なスタイルがあり、どれも住む人の個性を活かせるデザインとなっているため、好みのデザインを選ぶと良いでしょう。

引き戸や和室でおしゃれな空間に

洋風の造りの家でも、和の雰囲気を感じていたいという方も多いです。

 

最近ではリビングに引き戸や和箪笥といった、日本家屋に多く見られる造りや家具を取り入れる人も増えています。

 

リビングの一角に小上がりスペースとして畳を敷いた和室をつくることで常に和の雰囲気を感じることができ、また違った印象のリビングとなるでしょう。

 

和モダンという、和風と洋風の組み合わせは選択肢が広く、間取りやインテリア選びなど自由度の高い家づくりが可能です。

クローゼットや壁面収納を活かす

クローゼットは収納スペースとしてだけでなく、あえて扉を撤去することで見せる収納となります。

 

また、少しでも部屋を広く使いたいのであれば扉を撤去することで空間同士が一体となり、より広い空間となるでしょう。

 

スペースを活かした収納方法としては壁面収納がおすすめで、テレビ台を中心に壁面に沿った棚を設置すれば収納としても見せるインテリアとしても活用することができます。

 

DIYを活かしてコストを抑える

テーブルやテレビ台など、家具を新しい間取りに合わせてDIYすることでリフォーム全体にかかる費用をいくらか抑えることができます。

 

少しでもコストは抑えたいという方もなかにはいるでしょうから、施工にはある程度お金をかけ、それ以外の家具やインテリアは自作してみるのも良いでしょう。

 

好みのデザインにDIYした家具は愛着も湧くため、挑戦してみたいという方はおすすめです。

壁仕切りを活かして空間を広く見せる

リビングを少しでも広く見せたいのであれば、余分な壁を取り除いて一つの空間にしてしまうのがおすすめです。

 

壁仕切りをなくすことで部屋と部屋がつながり、その分スペースを広く使うことができます。

 

家族構成によっては部屋同士の仕切りが不要である場合もあるため、壁を撤去することでよりゆったりとした広い空間となるでしょう。

 

リビングをくつろげるスペースにしたいのであれば、とても有効な手段だといえます。

まとめ│リフォームでリビングを快適空間に変えよう

リビングは家の中心であり、家族が集まる団らんスペースです。

 

できるだけ広々とした落ち着ける空間にしたい、そう考える方も多いため、リビングをリフォームする際にはぜひ間取りや見た目にもこだわってみましょう。

 

快適で長く住める、そんな家づくりを目指してみてください。

 

家のリフォームは「りのべえ」におまかせ

家のリフォームは、しっかりと技術力を持った信頼できる地元の施工店に任せましょう。

千葉・茨城地域の家のリフォームであれば、エリアに根差した地元営業の「りのべえ」にもご相談ください。

わたしたちは明治32年創業の工務店「ハウジング重兵衛」を母体に持つ、リフォーム・リノベーション専門店です。

工務店グループならではの技術力と、専門店ならではの細かな対応でリフォームをしっかりサポートします。

 

 

千葉・茨城県内には実際の設備を体感いただけるショールームもございますので、はじめの一歩としてぜひお気軽にご活用ください。

りのべえのリフォームショールーム

【りのべえ店舗/ショールーム】

 

リフォームガイドブック

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。