牛久市で間取りをリフォームするときのポイントや注意点を解説!

「1つの部屋を2つに分けたい」「キッチンとリビングを1つにまとめたい」このような理由から間取りのリフォームを考える方は多いです。

今回は、間取りをリフォームするときのポイントや注意点、費用を抑える方法について詳しく解説します。

間取りのリフォームを検討している方は、この記事を参考にしてください。

 

目次
■間取りリフォームのポイント
■間取りリフォームの注意点
■リフォーム費用を抑える方法
■リフォーム業者の選び方
■まとめ

 

間取りリフォームのポイント

まずは間取りをリフォームするときのポイントについて紹介します。

 

将来的なことを考える

現在の住みやすさを考えることも大切ですが、将来的な住みやすさも重要です。2つの部屋を1つにリフォームしても、将来的には子ども部屋が必要になるかもしれません。また家の中に段差などがあると、高齢になったときにケガの危険性が高くなります。

再度リフォームが必要にならないように、「高齢になったとき」「子供ができたとき」「両親と暮らすことになったとき」など将来的なことを考えてリフォームの間取りを決めましょう。

 

家族全員で相談して決める

間取りをリフォームするときは、1人ではなく家族全員で相談して決めてください。自分にとっては住みやすいリフォームだと思っても、家族からしたら住みにくくなってしまうこともあります。リフォームする前に家族の意見を尊重して、全員が快適に暮らせる間取りを考えましょう。

 

生活動線を考える

間取りを考えるときは、日常的な生活動線を意識しましょう。玄関からキッチンまでがスムーズに移動できないと、買い物した材料を運ぶのが大変になります。また2つの部屋を1つにしたことで、暖房や冷房が効きにくくなったりコンセントの位置が不便になったりすることもあります。今までの生活よりも不便になることがないように生活動線を考えることが大切です。

 

家の構造を把握しておく

建物の構造によってリフォームのしやすさが大きく変わります。木造建築であれば柱や梁が木材で骨組みされているため、比較的リフォームがしやすくなっています。しかし鉄骨造であれば柱や梁が鉄骨で骨組みされているため、木造よりも強固で大規模なリフォームは難しくなっています。自宅の構造を把握して、どのくらいのリフォームが可能なのかを事前にに確認しておきましょう。

 

間取りリフォームの注意点

間取りのリフォームで失敗しないために注意点も頭に入れておきましょう。

 

リフォームできない場合もある

住宅はさまざまな構造で建てられているため、住宅の構造によってはリフォームできない場合もあります。そして排水経路や配線の位置によっても、リフォームが難しくなることも多いです。事前に業者に見てもらって、リフォームが可能であるかどうかを確認してもらいましょう。

 

リフォーム期間の暮らし方

大掛かりな間取り変更をする場合は、1日でリフォームが終わらないことも多いです。とくに水回りのリフォーム期間中は水道が使えなくなるため、今までと同じ生活を送れなくなります。リフォーム期間中の宿泊場所をあらかじめ確保しておきましょう。

 

耐震性の維持

リフォームしたあとに住宅の耐震性が損なわれないかを確認しましょう。建物の構造によっては、壁を撤去するだけでも耐震性が失われてしまうこともあります。リフォームの前に業者と相談して耐震性に支障がないかを確認しておきましょう。もし耐震性に影響が出てしまう場合はリフォームとは別に耐震性強化の工事が必要になるため、余分に費用がかかってしまうこともあります。

 

リフォーム費用を抑える方法

間取りのリフォーム費用を抑える方法についても紹介しておきます。

 

施工期間を短くする

リフォームの費用の中には人件費なども含まれています。そのため施工期間が短くなるほど施工費用を安く抑えることができます。業者と相談しながらできるだけ施工期間が短くなるよう間取り変更を考えることが大切です。

 

水回りのリフォームはしない

水回りのリフォームは電気配線工事や給排水工事など複数の工事が必要となります。そのため水回りのリフォームをしないだけでも、工事期間が短くなって大幅に費用を抑えることができます。業者に確認して水回りのリフォームをする場合としない場合の費用を確認しておきましょう。

 

複数業者に見積もりを依頼する

リフォーム費用は業者によって変わります。そのためリフォームは1つの業者に依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを依頼して検討するようにしてください。また業者によって工事期間や提案内容、工事精度も変わってきます。リフォームをお願いする業者の評判なども、インターネットで調べておくことが重要です。

 

補助金制度を利用する

住んでいる場所によっては、自治体がリフォームの補助金制度を設けている場合があります。補助金制度の審査基準は自治体によって変わるため、自分の自治体はどんな工事を補助金対象としているのかを確認しておきましょう。

 

リフォーム業者の特徴

依頼するリフォーム業者によっても特徴が変わります。それぞれの業者の特徴を理解しておきましょう。

 

工務店

工務店はリフォームの技術力が高いのが特徴です。そのため広範囲の間取り変更も問題なく工事が可能となっています。工事にかかる費用も大型のリフォーム会社やハウスメーカーと比べると安い傾向にあります。

 

リフォーム会社

リフォーム会社は技術力だけでなくデザイン性にも優れているのが特徴です。リフォーム用の独自製品を持っているため、工事がスムーズで短期間でリフォームを終わらせることができます。技術力はリフォーム会社によって大きく変わるため、複数のリフォーム会社と相談しながら適したリフォーム会社を探す必要があります。

 

ハウスメーカー

ハウスメーカーはどの業者でも技術力・品質にバラつきがなく安定しているのが特徴です。広範囲のリフォームでも施工精度が高く、工期も短い期間で終わります。施工費用は工務店と比べると少し高くなる傾向にあります。水道や電気など複雑な工事が必要なリフォームをする場合は、ハウスメーカーに依頼するのが確実です。

 

まとめ

家の間取りをリフォームしたら、「前の方がよかった」と思っても簡単に戻すことはできません。リフォームで後悔しないために、リフォーム前にしっかりと事前計画を練って完成イメージを明確にする必要があります。今回紹介したことを頭に入れながら、業者と入念に打ち合わせをして満足のいくリフォームができるようにしてください。

 

家のリフォームは「りのべえ」におまかせ

家のリフォームは、しっかりと技術力を持った信頼できる地元の施工店に任せましょう。

千葉・茨城地域の家のリフォームであれば、エリアに根差した地元営業の「りのべえ」にもご相談ください。

わたしたちは明治32年創業の工務店「ハウジング重兵衛」を母体に持つ、リフォーム・リノベーション専門店です。

工務店グループならではの技術力と、専門店ならではの細かな対応でリフォームをしっかりサポートします。

 

 

千葉・茨城県内には実際の設備を体感いただけるショールームもございますので、はじめの一歩としてぜひお気軽にご活用ください。

りのべえのリフォームショールーム

【りのべえ店舗/ショールーム】

 

リフォームガイドブック

【資料請求はコチラからどうぞ】

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。