MENU

千葉リフォーム会社からのご提案 フルリノベーションする際のトイレ・浴室・洗面台リフォームの広さと配置

リノベーション,リフォーム,千葉リフォーム会社,トイレ,浴室,洗面所

 

屋根、外壁、内装、間取りなどをすべて一新し、耐震補強と断熱改修をするというようなフルリノベーションをする場合や、暮らしの変化に合わせて間取りを変えたいというような場合、トイレと浴室、洗面所についても、考えてみませんか?

間取りの変更する場合、主要なポイントになるのは、家族のだんらんの場であり、毎日の食事の場でもあるLDKの存在だと思います。

使い勝手の良いキッチン、ゆったり食事のできるダイニング、そして家族が楽しく団欒できるリビングは、快適な暮らしには欠かせない要素です。

ただ、快適な暮らしを生む要素はそれだけではありません。実は、トイレと浴室、洗面所は、暮らしに大きな影響を与えます。長時間いる場所ではないので、リノベーションのプランを進めていく時には、LDKを中心に考えてしまうことが多いと思います。しかし、洗面所は、家事に大きな影響を与える場所です。浴室とトイレは、家族が必ず毎日使う場所です。

現在の暮らしにおいて、トイレと浴室、洗面所は、全く問題のない快適な場所ですか?もし、そうではない部分があるなら、リノベーションで快適な場所に変えませんか?

洗面所と家事の関係

リノベーション,リフォーム,千葉リフォーム会社,トイレ,浴室,洗面所

もし、床面積に余裕があれば、洗濯室を設けるという間取りも考えられますが、標準的な床面積の住宅の場合、洗面所に洗濯機を設置することと思います。その為、洗面所で考えなくてはいけないことは、キッチンとリビングを回遊できる位置にあることと、洗濯に関わる家事の負担を減らせるように設計された洗面所であることです。

洗面所の位置

洗面所は、脱衣所と兼ねることも多いので、一方は浴室と繋がっています。そしてもう一方は、キッチンへも、リビングへも、階段へも行き来ができる位置にあることが、家事動線をスムーズにします。朝がお弁当作りや、朝食の支度をしながら洗濯をすることが多いからです。洗濯物を干すために、2階のベランダに行かなくてはならないので、階段への動線も大切です。

洗面所の造り方

家族の人数によって、使いやすい洗面所は変わってきます。洗面所と脱衣所を兼ねる場合、一般的な洗面所の面積は2畳程度ですが、もし他で床面積を倹約できるのであれば、広めに造ると使い勝手の良い洗面所にできます。

広めの洗面所が使いやすい理由…朝のラッシュを緩和好みに合わせた洗面台

家族が4人以上いる場合には、朝は洗面所が混みあいます。洗濯気が置いてあれば、洗濯もしているので、さらに込み合います。広めの洗面所であれば、洗面ボールが2つついている洗面台を設置し、2人が同時に洗面所を使うようにできます。

広めの洗面所が使いやすい理由…好みに合わせた洗面台が設けられる

洗面台には、メーカー製のシステム洗面台の他に、造作洗面台があります。システム洗面台は、狭い面積の洗面所であっても、洗面台自体に細かな収納がたくさんついているので、便利ではあります。でも、もし個性的な洗面台、おしゃれな洗面台にしたいという希望があれば、造作洗面台がおすすめです。無垢材、タイルなど、システム洗面台では望めない素材を使い、好みに合わせたデザインの洗面台ができ上がります。

広めの洗面所が使いやすい理由…家事負担を軽減

洗面所内に、パジャマや下着用の収納、アイロンかけのスペース、雨の日に洗濯物を干すスペースを設けられます。主婦にとって、洗濯に関わる家事は重労働です。朝は、洗濯物を2階まで運んでベランダに干し、夕方には取り込んで、リビングでアイロンをかけ、畳みます。仕上げた洗濯物は、再度2階に上がり、寝室や子供部屋のクローゼットに収納します。

もし、洗面所にアイロンをかけたり、洗濯物を畳んだりするスペース、さらに入浴後に使う下着やパジャマを収納するスペースがあれば、家事に関わる負担は、かなり減らせます。

洗面所が狭く、十分な収納スペースがないと、洗剤や洗濯物を入れるカゴなどを、床に置くことになってしまいます。そのような状態では、洗面や入浴準備がスムーズにできません。掃除がしにくくなるので、衛生的ではない状態でもあります。広めの洗面所であれば、洗面用品、タオル、掃除機などを効率よく収納できるスペースを確保でき、洗面所を清潔で快適な空間にできます。独立した洗濯室を作らなくても、洗濯物を干すポールと部屋干しファンを設置すれば、雨の日の洗濯物も乾かせます。洗面所の奥に、土間付きの勝手口を設けると、玄関を通らずキッチンに出入りできるので、ゴミ出しや、食料品の搬入も楽にできます。

さらに、洗面所から、室内側への出入り口を引き戸にしておくと、無駄なスペースができない、両手に洗濯物を抱えていても通りやすい、開けっ放しにして風を通せるなどのメリットがあります。

浴室・トイレのサイズ

リノベーション,リフォーム,千葉リフォーム会社,トイレ,浴室,洗面所

浴室の標準的な広さは約1坪です。大きな浴槽にしたい場合には、約1,5坪必要です。システムバスの場合、浴槽のサイズは10センチ刻みで、好みに合わせて選べます。

160cm以下の人が、ゆったり浸かれるサイズは、160cm×160cm(1坪)、160センチ以上の人でも膝を伸ばして浸かれるサイズ、親子で入浴できるサイズは180cm×180cm(1,5坪)です。家族の身長の違い、小さな子供がいて一緒に入浴しているなど、入浴の状況に合わせて、浴槽のサイズを選ぶことが大切です。

浴室のオプションには、ミストシャワー、肩湯、ジャグジー、浴室用TV やオーディオなど、様々あります。カタログを見たり、ショールームに出かけたりすると、どれも魅力的に思えますが、どれも高価です。さらに、設置したけれど、結局使っていないというケースも少なくありません。豪華なオプションがなくても、快適さが損なわれることはないので、実際に使うかどうか検討する必要があります。

リノベーション,リフォーム,千葉リフォーム会社,トイレ,浴室,洗面所

適切なトイレのサイズは、家族構成や年齢によって異なります。

一般的な住宅のトイレのサイズは、0,5坪から0,75坪です。どちらもトイレの中に手洗いを設置できますが、0,5坪の場合、子供だと手洗いの際に水を撥ねてしまうことが多いです。

バリアフリーにする場合には、最低でも幅120cm×奥行き160cm、介助スペースも設ける場合には、幅、奥行きともに160~180cm程度確保しなくてはなりません。加えて、出入り口は引き戸にする、段差をなくす、手すりをつけるなども必要です。

浴室・脱衣所・洗面所・トイレの位置関係

それぞれの場所の使い勝手と床面積に大きく影響するのが、3か所の位置関係です。

浴室・洗面所・トイレを全部繋げると、床面積を節約できますが、来客のほとんどない一人暮らし、ご夫婦の暮らし以外には向きません。

その為、ほとんどのご家庭では、浴室と洗面所は一緒にし、トイレが別になっています。ただ、脱衣所と洗面所は兼ねていることが多くあります。ここが、家族構成によっては、使い勝手が悪くなる部分です。脱衣所と洗面所を兼ねている場合、入浴している家族がいると洗面所を使えない、反対に洗面所を使っている家族がいると、入浴出来ないという問題が起こります。年頃になり、入浴中に家族が洗面所に入ってくるのを嫌がる、洗面所を使う時間が長くなるといったことも起こります。

家族に人数が多く、床面積に余裕があれば、浴室と脱衣所は、洗面所と分けて造ると、このような心配がありません。洗面所と脱衣所を兼ね、洗濯機も置いてある場合、生活感が出てしまい、お客様に洗面所を使ってもらいにくいということがあります。脱衣所は、洗面所と分けて造る、脱衣所側に洗濯機を設置する、または、洗面所内の見えるところに物を置かないで済むだけの収納を設けるなどの工夫で、すっきりした洗面所が造れます。

***

浴室・脱衣所・洗面所・トイレは、長時間を過ごす場所ではないので、後回しにされてしまいやすい場所ですが、暮らしやすさに直結する場所でもあります。現在の暮らし、家族構成に合わせて、最適な間取りにしましょう。

***

リフォームやリノベーションを検討し始めると、どのくらいに期間と費用がかかるのだろう?工事中はどうやって生活するのかしら?など、様々な疑問が出てきます。どんなことでも、どうぞご相談ください。大事な持ち家を大切にしながら、より暮らしやすい家にすることが、りのべえの基本です。より良い暮らしができる家にしたいという想いを叶えるお手伝いをさせてください。

リノベーション無料診断のお申込みはこちらからどうぞ

資料請求はこちらからどう

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

TOPへ戻る
TOPへ戻る