MENU

住宅リフォームの時期はいつ頃?

住宅リフォーム

住宅のリフォームを計画する理由は主に2つあります。ひとつは、住宅の劣化を改善するため、もう一つは、ライフスタイルの変化に合わせて、間取りを変更する為です。築年数が長い家では、この2つに加えて、耐震補強と断熱改修を目的にするリフォームもあります。

築年数が長い家では、この3つの要素を全て解決する家全体のリフォームが理想的であり、リフォーム方法が選べるので、建て替えより、予算の融通が利きます。一方、築年が浅い場合には、部分リフォームで十分に快適性と安全性を維持できることもあります。家全体のリフォームの時期、部分的なリフォームが必要な時期について考えてみましょう。

築年数による劣化とリフォームの必要性

住宅の劣化は、内部、外部、構造部におこります。それぞれの部分におこる劣化を確認していきましょう。

築20年以下の住宅リフォーム

新築から10数年経つと、なんとなく気になる箇所が出てきます。外壁に汚れが目立つ、クロスが色褪せしてきたというようなこともありますが、もっとも多くの皆さんが体験することは、水回りに使い勝手ではないでしょうか?

外壁の汚れや、クロスの色褪せは、日常生活に支障はありませんが、キッチン、浴室、洗面所、トイレの故障や使いにくさは、直接、日常生活に支障をきたすからです。その結果、住宅設備機器の交換リフォームを第一にするケースが少なくありません。

ただ、外壁の補修などを後回しにすると、住宅の構造部に雨水が浸透する、などの深刻な事態になってしまうこともあります。どのような状態になったらメンテナンスをする必要があり、新築からどの程度の時間が経ったら、リフォームを検討するべきなのでしょうか?

家の内部

築後10年を過ぎると、住宅設備機器に故障が出始めます。特にキッチン、浴室、洗面所、トイレは、毎日使う場所であり、水を使う場所ですから、エアコンや床暖房、給湯器などの住宅設備機器よりも、劣化が進行しやすいです。また、レンジフードやシンク、排水口、洗面ボール、便器の汚れが掃除をしても、落ちにくくなってきます。タイルのヒビや剥がれ、水漏れなどが起こるような状態になってきたら、交換を検討する時期の到来です。

リビングや居室では、日が当たっている時間の長さや建材にもよりますが、クロスや床の色褪せや傷が目立つようになってきます。クロスや床の張替えをする時期です。また、築15年を過ぎると、室内ドアや窓の開閉がしにくいというようなことが起こります。ドアや窓を交換するリフォームをする時期です。

家の外部

築15年~20年を過ぎると、外壁にひび割れや色褪せ、コケの付着による変色などが目立ってきます。サイディングの目地や窓の周りのシーリングの縮みや劣化も発生します。屋根には、スレート屋根であれば塗装が剥がれ、瓦屋根であれば瓦のずれが発生します。また雨どいなども劣化します。

家の構造部

築20年を過ぎると、外壁からの雨水や水回りからの排水が、構造部に漏水する、シロアリの被害にあうなどが発生した場合、見えない部分である構造部の劣化が進んでいることがあります。構造部が連化してしまうと、耐震性が著しく低下するので、非常に危険です。

築25年以上の住宅リフォーム

築25年を過ぎると、今までに蓄積された劣化の進み、構造部まで浸透している恐れがあります。同時に、住宅設備機器は、どれもメーカーの耐用年数を過ぎているはずです。一方、築20年から25年にかけては、ライフスタイルの変化によって、間取りを変えたいという希望が出てくる時期でもあります。さらに築年数が長い家では、地震が心配、家の中が寒いという悩みもあるのではないでしょうか?

築25年以上の住宅には、住宅設備機器を交換する、家の内部と外部をきれいにする、耐震性と断熱性を上げるという3つの要素が、リフォームに求められると考えられます。これらを個別に行うと、非常に効率の悪いリフォームになってしまいます。

住宅設備機器の交換、屋根や外壁の再塗装、クロスや床板の張替えなどを、それぞれの専門業者に依頼することになるからです。耐震や断熱に関しては、専門的な調査も必要です。個別にリフォームする方法であれば、家に住みながらにして、リフォームを行うことができますが、間取りの変更に関しては中途半端な変更しかできない恐れがあります。また、個別に依頼するので、日程と予算の調整も大変です。そこで考えたいリフォームの方法が、まるごとリノベーションです。

まるごとリノベーションとは?

築年数が長くなり、様々な問題点が出てきた住宅を、新築住宅のように生まれ変わらせるリフォームが、まるごとリノベーションです。現在の住宅の状態と予算に合わせて、選べる3つのタイプがあります。

一軒まるごとリノベーション

土台と屋根や柱などの構造部以外はすべて取り壊すリノベーションです。外壁も取り除くので、窓の位置も自由に変えられます。窓の位置は、日当たりと風通し、間取りに大きく影響します。今までとは全く違う間取りにしたいという場合や、新築時とは周辺の環境が変わり、日当たりと風通しが悪くなってしまったという場合でも、問題を解決できます。

内部まるごとリノベーション

土台と屋根や柱などの構造部と外壁を残し、内部を一新するリノベーションです。窓の位置以外は、階段の位置など、すべての間取りを自由に変えられます。また、窓を小さくする、開閉方法を変えるというようなこともできます。古民家など、もともとの日本家屋の良さを残したい、家族の思い出を、一部でもリフォーム後の家に受け継ぎたい、というような希望に応えるリノベーションです。

一階まるごとリノベーション

一階部分だけをまるごとリノベーションするプランです。子育てが終わり、子供が独立していった後、2階の部屋は使わなくなったけれど、子供家族が遊びに来た時の為に、残しておきたい、1階部分は年間を通して暮らしやすい環境を調えたいというようなご希望にぴったりなプランです。

3つのリノベーションに共通する特徴

3つのまるごとリノベーションには、共通した特徴があります。

耐震性と断熱性が向上する

どのプランであっても、リノベーションプラン作成にあたって、初めの段階で耐震診断と断熱診断を行います。その結果に合わせて、必要な補強や改修を行います。築年数が古い家では、新築時以上の耐震性と断熱性が備わった家に生まれかわります。

予算を抑えられる

部分リフォームを個別に繰り返し、結果的に家全体のリフォームになったというようなケースや、建て替えをするよりも、費用を抑えられます。例えば、建て替えにかかる費用を100%とすると、内部まるごとリフォームでは47%、一階まるごとリフォームでは57%、新築同様になる一軒まるごとリフォームでは、70%程度に費用を抑えられる可能性があります。現在の家の基礎や柱を活かせることに加えて、建て替えに必要な登録免許税、登記費用、確認申請の費用の約100万円が抑えられるからです。(増築の場合には確認申請が必要です)

今の家のサイズが維持できる

建て替えの場合、敷地が面している道路の幅によっては、現在の法律では現状の家のサイズより小さくしなくてはならない場合があります。しかし、リノベーションであれば、今のサイズと同じサイズの家が建てられます。

まるごとリノベーションの施工事例

どのケースも、住宅設備機器やサッシなどはすべて一新、耐震補強、断熱改修も完璧に行われました。

一軒まるごとリノベーション

2階建ての一軒家をリノベーションした事例です。

リノベーション概要

費用900万円
工期5か月
築年数30年
工事面積80平米/24坪
間取り-(2階建て/一軒家)
家族構成夫婦、子供2人

 

リノベーション概要

費用2,050万円
工期4か月
築年数20年
工事面積198平米/60坪
間取り-(一戸建て)
家族構成夫婦、子供4人
スタイルシンプルモダン

 

内部まるごとリフォーム

築150年以上の古民家再生リノベーションです。立派な梁など、残せるものは残しつつ快適な暮らしができる家に生まれ変わりました。

リノベーション概要

費用1,400万円
工期4か月
築年数150年
工事面積180平米/55坪
間取り-(平屋/一戸建て)
家族構成夫婦、子供2人
スタイル古民家再生

 

 ■ ■

りのべえの一軒まるごとリノベーションは、暮らしにくさを感じるようになった家を、まるで新築の家のように、見た目も使い勝手も生まれ変わらせます。耐震性や断熱性は、新築時以上の性能になり、冬暖かく夏涼しい環境の家、大地震に襲われても家族の命と財産を守れる家に生まれ変わります。

 

リフォーム施工事例

リフォームやリノベーションを検討し始めると、どのくらいに期間と費用がかかるのだろう?工事中はどうやって生活するのかしら?など、様々な疑問が出てきます。どんなことでも、どうぞご相談ください。大事な持ち家を大切にしながら、より暮らしやすい家にすることが、りのべえの基本です。より良い暮らしができる家にしたいという想いを叶えるお手伝いをさせてください。

リノベーション無料診断のお申込みはこちらからどうぞ

資料請求はこちらからどう

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

TOPへ戻る
TOPへ戻る