MENU

スケルトンリフォームで生まれ変わる家

スケルトンリフォーム

 

築年数が長くなり、あちらこちらに劣化が見られ、暮らしにくさを感じるようになってくると、外壁の再塗装やクロスの張替え、住宅設備機器の交換など、部分的なリフォームを計画されると思います。

しかし、リフォームしたい場所が何か所もある場合、また耐震性や断熱性も改修したい場合には、スケルトンリフォームという選択肢もあります。それではスケルトンリフォームと部分的なリフォームはどのように違うのでしょうか?

スケルトンリフォームとは?

古民家リフォーム

スケルトンリフォームは、高い断熱性と耐震性を備えることができ、見た目も新築のように生まれ変わることが特徴です。部分リフォームの場合、リフォームしたい箇所だけリフォームをしますが、スケルトンリフォームでは、家全体のリフォームを行います。スケルトンリフォームには、主に3つのタイプがあります。予算に合わせてタイプを選び、リフォームする範囲を決めていくことができます。

すべてのタイプに共通する特徴は、外観、内装、間取り、住宅設備機器など、目に見える部分だけではなく、断熱性能や耐震性能といった住宅性能を高めることです。部分リフォームの場合、断熱性能や耐震性能を高めるリフォームと組み合わせて行わない限り、クロス張り替えや、間取り変更など、希望した部分のリフォームだけしか行われません。しかし、スケルトンリフォームの場合には、住宅性能の改修も同時に行うので、快適な室内環境が調い、地震に強い安全な家へと生まれ変わります。

また、長く住んだ家には、家族の思い出や、愛着の残る場所があるはずです。スケルトンリフォームでは、柱や梁、建具など、再利用できる部分は希望に応じて残し、元の家の面影を、リフォーム後の家に採り入れることもできます。

一軒まるごとリフォーム

骨組みだけ残すリフォームです。土台の形以外は、自由に間取りを変えられます外壁を壊すので、窓の位置も自由です。

リフォームをしたい理由には、外観や内装をきれいにしたい、キッチンや浴室の設備を新しくしたいというような項目の他に、間取りを変えたいという項目があります。

間取りを変えたい理由には、ライフスタイルの変化に合わせて、暮らしやすい間取りにしたいという理由の他に、敷地周辺の環境が変わり、暮らしにくい家になってしまったという理由もあります。隣接する空き地に家が建ったというようなケースです。その結果、日当たりや風通しが悪くなる、隣家からの視線や生活音などに煩わされるといったような状態になってしまいます。

間取りを変更したい場合、窓の位置が間取り変更の制限になってしまうことがあります。また、周辺の環境が変わった場合、窓の位置を変更しないと、日当たりや風通しを確保しにくいこともあります。外壁を取り壊すというスケルトンリフォームには、窓の位置で制限を受けない自由度の高さがあります。

内部まるごとリフォーム

骨組みと外壁を残すリフォームです。窓の位置以外は、自由に間取りを変えられます。階段の位置も変更できます。周辺の環境が変わり、家の周囲を3階建て住宅やマンションに囲まれてしまったというような場合でなければ、このリフォームの方法で、十分に快適な家に生まれ変わらせることができます。

一階まるごとリフォーム

子供たちが独立していき、2階の部屋は使わなくなったが、減築して平屋にするのではなく、子供の家族が遊びに来た時の為に、残しておきたいというようなケースに向いているリフォームです。一階中心の生活に切り替えるために一階部分のみ断熱材を施し、耐震性を 上げて、水回りを一新させます。

この方法をとると、減築するより費用が抑えられることに加えて、2階部分を残しておくことによって、将来的に子供夫婦と二世帯で暮らすことになった時に備えられます。

スケルトンリフォームが優れている理由…快適な室内環境

スケルトンリフォーム後のリビング

家の築年数が長くなり、リフォームを計画する時、多くの人が改善したいと感じるのは、家の中の寒さです。ただ、実際にリフォームプランを作る段階になると、住宅設備機器の交換や、間取りの変更など、使い勝手にかかわる部分や、クロスの張替えなど、目に見える部分のリフォームになってしまうケースが多いというアンケートの調査結果があります。

そのようなケースでは、その後も部分的にリフォームを繰り返し、使い勝手の良さと、見栄えの良さは向上していく半面、室内環境は変わらずという状態が多いのです。暮らしやすい家の条件として、使い勝手のよいキッチンや浴室などの水回り、家族構成と家族の暮らし方にあった間取り、見栄えと居心地の良い内装があげられますが、同時に快適な室内環境も大切な条件です。

夏涼しく、冬暖かい室内環境は、快適であると同時に、家族の健康を守り、エネルギーの節約で家計の倹約にも繋がります。スケルトンリフォームでは、これらの暮らしやすい条件を全て備えた家に生まれかわらせることができます。屋根や壁、床に断熱材を入れる、断熱性の高い窓を採用するなどの方法で、新築と同じ断熱性を備えられるのです。冬には暖房をしても足元が冷える、隙間風が入ってくる、夏には2階の部屋が暑い、冷房が効かないというような問題を全て解決できます。

スケルトンリフォームが優れている理由…地震への備え

スケルトンリフォームした家のキッチン

地震の多い日本においては、耐震性を高めるということが住宅の基本です。住宅の耐震性能は、大地震が発生する度に、その経験を踏まえ、より耐震性の高い家にする為の技術が進歩し、向上し続けています。それと同時に、国が定める耐震の基準も、改正されています。その結果、築年数の新しい家ほど、最新の耐震技術が導入されるので、耐震性が高まり、改正された耐震基準を満たしています。

しかし、築年数が古い家では、現在の耐震基準を満たしていない住宅も少なくありません。また、新築時には高い耐震性能を備えていたとしても、水回りからの漏水や、シロアリの被害などによって、本来備えていたはずの耐震性を失っている場合もあります。

スケルトンリフォームにあたっては、事前に住宅の状態を調査し、どの程度の耐震性があるのかということを確認した上で、リフォーム計画を進めていきます。具体的には、床下では、基礎・土台の状況、白蟻の有無、湿度や含水率の確認、漏水の有無、小屋裏では、雨漏りの有無、屋根下地状況、断熱材の有無、筋交いの位置確認、外壁や屋根のひび割れや塗装の劣化、留め金具の錆、樋の劣化状況、瓦屋根の場合は瓦のずれや瓦の材質を確認します。

特に、昭和56年5月31日以前に建てられた住宅、地盤が軟弱な場所、1階が車庫などになっていて壁が少ない住宅、2階の床が一部飛び出ている住宅は、耐震性に問題のあるリスクが高いので、耐震改修を優先することが大切です。

スケルトンリフォームをした場合には、耐震性に関しては、新築時以上の耐震性能を備えることができます。

■ ■ ■

築年数の浅い家では、外壁の再塗装や住宅設備機器の交換などの部分リフォームで、そのあと十数年は快適な家を持続できます。しかし、築年数が長い家では、部分リフォームをすると、数年後に別の場所のリフォームをするということを繰り返すことになりかねません。部分リフォームを数年おきに繰り返すと、結果的に高額な費用がかかってしまい、スケルトンリフォームをするより総額が嵩んでしまうことさえ考えられます。

スケルトンリフォームとは、外観も内装もきれいになり、使い勝手の良いキッチンや浴室、暮らしやすい間取りに変わることに加えて、快適な室内環境と確実な耐震性が得られるリフォームです。部分リフォームや建て替えを検討しているご家族は、スケルトンリフォームで、住宅を生まれ変わらせませんか?

 

リフォーム施工事例

リフォームやリノベーションを検討し始めると、どのくらいに期間と費用がかかるのだろう?工事中はどうやって生活するのかしら?など、様々な疑問が出てきます。どんなことでも、どうぞご相談ください。大事な持ち家を大切にしながら、より暮らしやすい家にすることが、りのべえの基本です。より良い暮らしができる家にしたいという想いを叶えるお手伝いをさせてください。

リノベーション無料診断のお申込みはこちらからどうぞ

資料請求はこちらからどう

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

TOPへ戻る
TOPへ戻る