MENU

リフォームとは?リノベーションとは違うの?

リフォーム

 

リフォームは、経年劣化によって暮らしにくさの出てきた家を、改修する工事です。リフォームを請け負う会社によって、リフォームと呼ぶ場合もあれば、リノベーションと呼ぶ場合もあります。

リノベーションという言葉は、昭和の時代に建てられ、無人になった団地や、老朽化したマンションを現在の暮らしに合わせて大規模な改修を行うプロジェクトが、盛んにおこなわれるようになった時期に、広く使われるようになりました。

リノベーションとは、「既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えること」、リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。と、ウィキペディア(Wikipedia)には書かれています。

しかし、実際には、この2つは厳密に分けられているわけではありません。例えば、最も大規模な骨組みだけ残す全面的な工事は、スケルトンリフォーム、フルリフォームと呼ばれることもあれば、フルリノベーション、ケルトンリノベーションと呼ばれることもあるわけです。

ただし、小さな改修工事に関しては、多くの場合、リフォームに分類されているようです。ここでは、部分的な改修に関してはリフォーム、全面的な改修に関してはリノベーションという呼び方で、話しを進めていきます。

リフォームの種類

キッチンリフォーム

部分的な改修には、具体的にどのようなリフォームがあるのでしょうか?

窓やドアの交換

窓やドアは、住宅の断熱性に大きな影響を与えます。近年の新築住宅には、断熱窓と断熱ドアが標準装備されていますが、築年数の古い家では、断熱性のないタイプであることがほとんどです。壁や屋根の断熱リフォームより、短期間、低価格にできる断熱リフォームです。屋根、ドアの断熱性能が高いほど、リフォーム費用も上がっていきます。

住宅設備機器の交換

キッチン、浴室、洗面所、トイレなどの住宅設備機器は、10年を目安に交換の時期がやってきます。そのタイミングで、交換と同時に、壁紙や床を張り替えたりすることもあります。また、築年数の長い家の洗面所や浴室は、窓が大きく、断熱性を損なっているケースが多いので、窓を小さくする工事を同時に行うケースもあります。

システムキッチン、システムバスなどはすべて、機能が高い上位機種ほど、リフォーム費用が嵩みます。また、ヒノキやタイルなどのこだわりの浴室にする場合には、市捨て苦バスの交換ではなく、在来工法での施工になるため、交換リフォームよりはるかに費用が嵩みます。

壁紙や床板の張替え

塗り壁や無垢材内装の場合には、必要ありませんが、クロスやビニールタイルなどは経年劣化するので、張替えしなくてはなりません。素材の種類や、紫外線の影響の違いによって、年数は異なりますが、おおよそ5年から10年が張り替えの目安です。クロスのグレードによってリフォーム費用が変わります。

小規模な間取り変更

間仕切壁を取り外して2部屋をつなげる、間仕切り壁を設けて部屋を分けるなどのリフォームです。例えば、リビングとダイニングをつなげて、広いLDKにする、子供部屋を2つに分けるというようなリフォームです。

水回りを含む間取り変更

リビングとダイニングをつなげて、広いLDKにするリフォームで、壁付キッチンを対面式に変える場合には、水回りの位置変更が含まれるので、リフォームの規模が大きくなり、費用も嵩みます。

バリアフリー

手すりの設置、段差解消などは、小規模なリフォームでできますが、玄関、家の中の出入り口を、車椅子で通行できるように間口を広げるとなると、大規模な改修が必要です。

断熱改修

断熱性を高める為の工事をします。壁、天井、床に断熱材を入れる、断熱窓、断熱ドアに交換する、外壁と屋根に断熱塗装をする、外壁の外張り断熱をするなどの方法があり、予算に合わせて、いくつかの方法を組み合わせてリフォームします。

耐震補強

築年数の古い家では、水回りからの水漏れや、雨水の浸透、シロアリ被害などによって、耐震性が低下していることがあります。耐震性を損なっている部分を補強するリフォームです。

リノベーションの種類

古民家リノベーション

 

フルリフォーム、スケルトンリフォームとも呼ばれる全面的な改修工事です。外観、内装、間取りを自由に変更でき、建て替えと同じような効果が得られます。加えて、部分リフォームとの大きな違いは、必ず耐震補強と断熱改修を行うということです築年数の古い家では、現在の耐震基準を満たしていないことが多いので、耐震補強は命と財産を守る家にするために、非常に重要な工事です。

小規模な間取り変更や、住宅設備機器の交換は、目に見える部分だけの改修工事ですが、リノベーションの場合は、目に見える部分を一新するだけではありません。断熱性能、耐震性能といった、快適な暮らし、安全な暮らしには欠かせない住宅性能の改善も行います。

骨組み以外の建材は、新築住宅と同様に必要なので、一千万円以上の費用がかかります。数十万円~数百万円以内でできる部分的なリフォームに比べると、費用が嵩みますが、建て替えよりは費用を抑えられます。

また、現在の家が接道義務を果たしていない、現在の建ぺい率以上の家であるというような状態の場合、建て替えができません。そのような状況であっても、増築さえしなければ、リノベーションによって、新築同様の家に生まれ変わらせることができます。

リノベーションでは、断熱改修を行う為、断熱材、ガラス、窓が一定の条件を満たしていて、15%以上の省エネ効果が得られた場合には、断熱リノベ(高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業)の補助金上限120万円を申請できます。今年度は、10月30日が最終日ですが、来年度も引き続き行われるはずです。

内部全面解体リノベーション(フルリフォーム)

外壁を残し、内部を全て解体、撤去するリノベーションです。1,500万円以上の費用がかかります。階段の位置も含めて、居室の位置、広さは、解体前の間取りに影響されることなく、自由な間取りにできます。ただし、外壁は残すので、窓の位置は変えられません。その為、間取りの自由度が制限されます。

内部&外部解体リノベーション(スケルトンリフォーム)

骨組みだけ残して、外壁と内部を全て解体、撤去するリノベーションです。2,000万円以上の費用がかかります。

古民家再生リノベーション

現在の家に使われている建材の中で、古民家特有の貴重な建材などを活かすリノベーションです。住宅の状態に合わせて、残す部分と解体する部分を決定していきます。その為、リノベーションの内容に違いがあるため、費用の幅も大きく、1,500万円~2,000万円以上かかることもあります。

増築リノベーション

内部全面解体(フルリフォーム)または、内部&外部解体(スケルトンリフォーム)に、増築を加えるリノベーションです。二世帯住宅にするなど、現在の家より広くすることができます。ただし、増築をする場合には、増築の確認申請が必要です。

減築リノベーション

内部全面解体(フルリフォーム)または、内部&外部解体(スケルトンリフォーム)に加えて、減築をするリノベーションです。子供が独立して2階を持て余している、庭に駐車スペースを設けたいというような場合には、2階建ての家を平屋にしたり、2階建てのまま、住宅の規模を縮小したりできます。

現在の家の暮らし難さを感じた際には、現在の家の状況に合わせて、最適なリフォーム、リノベーションを計画することが大切です。りのべえでは、最適なリフォームリノベーションプランをお客様の状況に合わせてご提案させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

新築のように生まれ変わるりのべえのリフォームの施工事例をご覧ください。

リフォーム施工事例

リフォームやリノベーションを検討し始めると、どのくらいに期間と費用がかかるのだろう?工事中はどうやって生活するのかしら?など、様々な疑問が出てきます。どんなことでも、どうぞご相談ください。大事な持ち家を大切にしながら、より暮らしやすい家にすることが、りのべえの基本です。より良い暮らしができる家にしたいという想いを叶えるお手伝いをさせてください。

リノベーション無料診断のお申込みはこちらからどうぞ

資料請求はこちらからどう

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。

TOPへ戻る
TOPへ戻る