フルリノベーションとは。期間や費用を千葉の専門店が解説

フルリノベーションでおしゃれな外観

新築や建て替えと比較して費用を抑えやすいフルリノベーションは、年々需要が高まりつつあるように感じます。テレビや雑誌の特集などで目や耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか。しかし、「安いのは分かるけどいくらくらいかかるの?」「工事はどれくらいの期間かかるの?」といった疑問を持っている方も多いようです。

 

そこで今回は、リノベーションの施工実例をもとに、かかる費用や工事期間の目安を解説します。フルリノベーションを具体的に検討している方も、なんとなく気になっている方もぜひ参考にしてください。

 

目次


◼フルリノベーションとは
◼フルリノベーションの期間と費用相場
◼千葉県のリノベーション施工事例
◼リノベーションのローン事情


 

◼フルリノベーションとは

フルリノベーション中の住まい

「リノベーション」は一言で表すと「住まいを暮らしやすく作り変える」ことを意味し、「古い住まいを回復する」リフォームとは分けて考えられます。キッチンや浴室交換といった設備のリニューアルだけでなく、必要に応じて間取りなども変更しながら使い勝手も住む人に合わせていきます。フルリノベーションは住まい全体の使い勝手を刷新し、フルカスタマイズした注文住宅のような住み心地を目指すのが特徴。

 

普通の住宅の間取りを変更して二世帯住宅にするなど、ライフスタイルに合わせて全く違う使い方をすることもできます。土地の制限などで建て替えができない場合も、フルリノベーションなら新築同様の住まいを作れるのは大きなメリット。

 

古い農家の間取りなど昔ながらの住まいも、現代のライフスタイルに合わせた新しい間取りに変更できます。親から相続した実家や、思い入れの残る建物を活かしたいという方にもお勧めの方法です。窓や断熱材などの細かい部分も現在の新築と同等の性能になるため、住み心地も問題ありません。

 

中古物件のフルリノベーションは、新築で良い条件の土地が見つからない方にとっても選択肢が増えるためメリットが大きいといえます。注文住宅・建売住宅とともに、フルリノベーションは住まい探しのスタンダードな選択肢になりつつあるといえます。マイホームの取得を考えている方は、ぜひ検討してみてください。

 

◼フルリノベーションの期間と費用相場

新築のようなリノベーション後の間取り

既存の間取りやご要望に合わせたプランによって、フルリノベーションにかかる期間や費用は変わってきます。しかし、全く相場がわからないと検討するのも難しいですから、ある程度の目安をお伝えします。たくさんのフルリノベーションを手掛けてきた経験と実例をもとに算出しますので、検討の目安として活用してください。

 

・期間

建物全体に工事が及ぶフルリノベーションでは、工事期間は3~5か月前後になることが多いです。また、リノベーションでは着工後に工期が前後することもあるため、少し長めに工期を見積もっておくと良いでしょう。建物の耐震性能や損傷の有無などは着工前に十分調査しますが、解体してみて分かることもあります。

 

また、完成目標の期日が決まっている場合は、早めに私たち施工店にお伝えいただくのがおすすめ。完成日から逆算して打ち合わせ計画を立て、期間内でできる内容にプランを調整することも可能です。プランの自由度がリノベーションのメリットですから、時間がないとあきらめずに、まずは施工店に相談してみてくださいね。

 

・費用相場

フルリノベーションの費用相場は1,000万円~2,000万円と幅広いですが、プランが自由なためかなり調整が効きます。施工面積や内容にもよりますが、新築や建て替えより予算に合わせたプラン作りがしやすいといえるでしょう。

 

新築や建て替えの場合、コストを削減するには「何かをあきらめる」ことになり、住んでからの不満につながりやすいです。しかし、リノベーションは間取りのアイデアや工夫であきらめずにコストを抑えることも可能です。ただ材料やプランのグレードを落とすのではなく、アイデアでコストを抑えるのは施工店の腕の見せ所です。

 

りのべぇはリノベーション専門店として、既存の間取りを活かしたプランなど総額の調整にもしっかり対応します。ご予算の心配なども、気兼ねせずご相談いただければ幸いです。

 

リノベーションの予算については以下の記事でも詳しく解説しています。

 

【関連コラム】リノベーションの価格・建て替え比較

 

 

■千葉県・茨城県のリノベーション施工実例

お施主様のご要望やアイデアを盛り込んで作った、実際のリノベーション実例をチェックしていきましょう。古民家再生や骨組み以外作り変えるスケルトンリノベーションなど、様々なパターンを3つピックアップしました。それぞれのリノベーション実例の注目ポイントやアイデアなども解説していきます。各実例の詳細やほかの写真もそれぞれのページに掲載していますので、気になった実例はさらにチェックしてみて下さい。

 

【実例1】茨城県龍ヶ崎市:築150年の古民家リノベーション

 

リノベーション前の外観


  • 築年数:150年
  • 費用:1,400万円
  • 工期:4か月
  • 施工面積:55坪

築150年経つ歴史ある建物も、フルリノベーションなら新築同様の住み心地に生まれ変わります。長い間住まいを守ってきた立派な柱や梁などの構造体や、歴史の面影は残しつつ新しい造りとの調和を目指した住まいです。

新旧を調和させたリノベーション

外観は大幅な変更を加えず、日本家屋としての威厳を残しつつモダンな印象も演出。玄関回りのタイルを変更しただけで大きく印象が変わっています。

リノベーション後の外観

内観は既存の梁や柱をダークブラウンのアクセントにした和モダンテイストに仕上げ、構造を活かしつつ新しい印象に。大きなリビングダイニングで現代のライフスタイルに対応しつつ、既存の和室も残している点も特徴です。気軽に横になったり、洗濯物を畳んだり、畳のスペースは多目的に使えて何かと重宝しますよ。

既存の柱や梁もおしゃれなアクセントに

リノベーションでは何もかも新しくする必要はなく、既存の間取りやデザインを活かすことも可能です。今のお住まいのお気に入りポイントを残しつつ、現代住宅のスペックを持たせれば思い出も残せます。結果的にコストや工期を削減することにもつながります。

【この事例の詳細はコチラでチェック】

 

 

【実例2】茨城県龍ヶ崎市:モダンなスペックとデザインの家

 

リノベーション前の内観


  • 築年数:20年
  • 費用:2,050万円
  • 工期:4か月
  • 施工面積:60坪

築20年とまだまだ住める築年数の住まいを、リノベーションで最新の使い勝手とデザインに生まれ変わらせた実例です。ホワイトベースにグレーやブラックをアクセントにしたモノトーンの配色で、シンプルながらもモダンな印象に仕上げています。シンプルデザインは流行り廃りの影響を受けづらく、長く住んでも飽きづらい点も大きなメリット。

おしゃれなモノトーンのデザイン

住まいの悩みで上位に上がることが多い収納不足を解決するため、収納量と使い勝手にこだわっている点も特徴です。大きなものから細かいものまでしっかり収納することで、おしゃれな空間を維持することに役立っています。ホワイトをベースにしたデザインは物が出ていると気になるため、片付ける意識付けにもつながりますよ。

機能的な収納

【この事例の詳細はコチラでチェック】

 

 

【実例3】千葉県香取市:家族や友達が集まるLDK空間

リノベーション前の外観 リノベーション後の外観


  • 築年数:30年
  • 費用:900万円
  • 工期:5か月
  • 施工面積:24坪

築30年のお住まいを一度骨組み状態まで解体し、間取りから水回りまですべて新しく作り変えた実例です。骨組み状態でしっかり耐震補強を行っているため、この先数十年暮らす住まいでも安心ですね。

耐震補強工事

お友達を呼ぶことも多いというLDK空間は梁を見せる解放感のあるデザインで、おしゃれなリビング階段の造りもモダンな印象。家族がLDKを必ず通るためコミュニケーションが取りやすく、縦の空間を意識して広さを感じられる点も大きなメリットです。

広々LDK

水回りも最新スペックの物に入れ替え、造作のミニカウンターなどお友達を呼んでのパーティースタイルにも対応。意匠性と機能性の両立した細かいアイデアも、自由なプランニングのリノベーションならではです。

おしゃれで便利な造作カウンター

骨組み以外すべてを作り変えるスケルトンリノベーションの場合、造りや性能はほとんど新築と同様になります。プランもご家族に合わせた自由設計で、費用が900万円に収まっている点はかなりうれしいポイントですね。建て替えよりかなり費用を抑えつつ、新築スペックに作り変えることが可能です。建て替えを検討する方はぜひリノベーションも一緒に検討してみてください。

 

【この事例の詳細はコチラでチェック】

 

 

◼リノベーションのローン事情

ダークカラーがおしゃれなリビング

新築住宅を購入する場合は住宅ローンを利用する方がほとんどですが、リノベーションの場合も専用のリフォームローンが用意されています。民間の金融機関のほか、自治体や住宅金融支援機構など様々な団体がリノベーションに使えるローンを用意しているため、状況に合わせて選ぶことができます。

 

現在住宅ローンが残っているお住まいをリノベーションする場合、借り換えでリノベーション費用を合算できるケースも。中古物件を購入してリノベーションする場合なら、購入費用に上乗せして住宅ローンを組むこともできます。新築購入と同じように住宅ローン控除を受けることもできますので、ランニングコストで不利になることはありません。

 

リノベーションでローンを組む方法はこのようにさまざまなパターンがあり、有利な条件のものを選ぶ必要があります。りのべぇはフルリノベーションの専門店として、資金計画もしっかりサポートいたします。資金調達にどのように手を付けて良いか分からない方も、お気軽にご相談いただければ幸いです。

 

リノベーションローンについては以下でも詳しく解説しています。

【関連コラム】リフォームローンを活用してお得なリノベーションを!

 

 

◼まとめ:フルリノベーションはまず専門店にご相談ください

ホワイトで広々階段

予算を抑えて新築同様の住まいを作れるフルリノベーションを成功させるには、予算やプランについてプロのアドバイスが必要です。新築や建て替え、リフォームとは違うポイントへの注意が必要ですから、リノベーションに特化した専門店にご相談ください。

 

千葉県・茨城県を中心に地域密着でリノベーションに取り組むりのべぇは、専門店ならではの取り組みで家づくりをサポート。気軽にご参加いただけるリノベーション勉強会では、予算・工期・耐震性能など気になる点をなんでもご質問いただけます。リノベーション専用モデルハウスなど、業界では珍しい設備もご用意していますので、ご興味のある方はお気軽にお声かけ下さい。

【お問い合わせはこちらからどうぞ】

りのべえ資料請求

 


この記事を読んだ方におすすめ

【リノベーションの流れ】

【リノベーション勉強会】

【施工事例・お客様の声】

【りのべぇ牛久モデルハウス】


 

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。