リフォームor建て替え比較。費用・メリット・リノベーションとの違いも

おしゃれで広いLDK

今住んでいる家や親から相続した家を建て替えるか、リフォームするか。どっちにすべきかとても悩みますよね?かかる費用やそれぞれのメリット・デメリットなども気になるポイント。

この記事では、リフォームと建て替えを徹底比較しました。全面リフォームの写真付き実例も掲載します。

 


目次
1.リフォーム・リノベーションの違い
2.リフォーム・建て替えのメリット・デメリットを比較
3.リフォーム・建て替えの費用や期間を比較
4.全面リフォーム・リノベーション実例
5.リフォーム・建て替えの判断基準


 

1.リフォーム・リノベーションの違い

施行中のリノベーション物件

まずは混同しがちなリフォームとリノベーションの違いを知っておきましょう。住まいの工事という意味では同じ言葉ですが、目的が違います。

 

・リフォームは「原状回復」

古くなった内装や設備を交換し、新築時の見た目と性能を取りもどす原状回復がリフォームです。壁紙やフローリングの張り替え、トイレやユニットバスなどの設備交換、さらに水道交換など小さな工事も含まれます。

 

・リノベーションは「機能向上」

リフォームの内容にくわえ、間取り変更や設備の位置変更などを含め新築時より使い勝手と機能を向上させる工事がリノベーション。少し前だと「スケルトンリフォーム」とも呼ばれていました。全ての間取りを変更しなければいけないわけではなく、リフォームとリノベーションの複合工事になることが多いです。

 

2.リフォーム・建て替えのメリット・デメリットを比較

増築中の建物

まずはリフォームと建て替えのメリット・デメリットをまとめましたので、違いをチェックしましょう。

 

・リフォームのメリット

  • 費用総額が安い
  • 予算に合わせて費用を調整しやすい
  • 工事期間が少ない
  • 思い出を残すことができる
  • 土台や柱などの構造体を再利用できる
  • 解体による産業廃棄物が出ない(環境に良い)
  • 固定資産税などの税金が安い
  • 建築制限の影響が少ない

 

・リフォームのデメリット

  • こだわると費用が高くなる場合がある
  • 雨漏れやシロアリなど劣化があると費用が掛かる
  • 2×4工法など間取り変更ができないケースがある

 

・建て替えのメリット

  • 最新の性能基準の家に住める
  • 給排水管や電気配線など見えない部分も一新できる
  • 構造による間取りの制約が少ない
  • デザインを大胆に一新できる

 

・建て替えのデメリット

  • 費用が高い/調整が難しい
  • 工務店によってプラン自由度が低い場合がある
  • 住宅ローンが組みづらいケースがある
  • 解体や基礎工事があり工事期間が長い
  • 法律や条例で建築制限を受けることがある
  • 確認申請や税金など手数料が高い
  • 廃材が出て環境に悪い

 

3.リフォーム・建て替えの費用や期間を比較

既存の柱や梁もおしゃれなアクセントに

まずはリフォームと建て替えの費用・期間・付帯費用などを表にまとめました。費用と期間について詳しく解説していきます。

 

全面リフォーム建て替え
費用相場1,000~2,000万円2,000~4,000万円
工事期間2~4ヶ月6~12か月
付帯費用基本的に無い解体・引っ越し・各種申請

 

・リフォーム・建て替えの費用

住まい全体のフルリフォームの場合、工事内容や設備のグレードによって変わりますが概ね1,000~2,000万円かかることが多いです。2,000万円まで行くと建て替えも視野に入ってきますが、解体/廃材費用や確認申請などの付帯費用が多い建て替えの場合、仕様は最低グレードになるでしょう。

 

一方全面リフォームの場合、2,000万円かけるとかなりハイグレードな仕様を選ぶことが可能です。キッチンやユニットバスのオプションなども検討範囲に入ってくるため、家事やリフレッシュも楽しめる家になるでしょう。同等のハイグレード仕様を注文住宅の建て替えで検討すると、3,000万円以上になってくることが多いと思います。

 

・リフォーム・建て替えの工事期間

既存の構造を基本的に活かす全面リフォームでは、解体や地盤改良などを省略できるため工期が短いのが特徴。間取りを作り変えるスケルトンリフォームの場合でも、2~4か月程度で完成することが多いです。

 

建て替えの場合、いざ建て始めてしまえば早いですが、解体や確認申請などの事前準備もあり最低でも半年以上は掛かります。凝った仕様や間取りの注文住宅は一年以上かかるケースも少なくありません。

<

4.全面リフォーム・リノベーション実例

・全面リフォームで新築同様になるの?

年数の経った家のリフォームで一番気になる点は、古い設備や内装を残さず新しくして気持ちよく生活できるか?という点ではないでしょうか。結論から言うと、リフォームは費用を抑えて新築同様の状態にすることが可能です。百聞は一見に如かず、実際のリフォームビフォーアフター実例をチェックしていきましょう。

 

【実例1】千葉県銚子市:モダンLDKリフォーム(約700万円)

リノベーション後のLDK

おしゃれなショールームのようなスタイリッシュモダンな仕上がりのリフォーム実例です。

リフォーム前のキッチン

大きな不具合は無かったものの一般的なデザインだったLDKを、古い部分を残さず今風のおしゃれな空間に生まれ変わらせています。

最新のペニンシュラキッチン

空間デザインに欠かせないのは照明のチョイス。ダクトレールのスポット照明とダイニングテーブルのペンダントライトで、高級レストランのような雰囲気をつくっています。

モダンなLDK空間

このように、リフォームでも新築と同等の使い勝手と見た目に仕上げることができますよ。

リフォーム中のキッチン

リフォーム工事中の写真もチェック

 

【実例2】千葉県佐倉市:一戸建てフルリノベーション(1,300万円)

一戸建てフルリノベーション

築40年のお住まいを新築同様に仕上げるため、既存間取りを解体してフルリノベーション。床下の見えない部分も新しく作り直していきます。

新築同様のLDK

現代的なオープンキッチンのLDKには、古い部分は残っておらず新築同様のおしゃれな仕上がり。

リノベーション後の間取り

居室や階段も内装と間取りを一新し、築年数を全く感じない住まいに。費用を抑えつつ注文住宅のように自由なデザインと間取りがつくれるのは、全面リフォームの一番の魅力です。

リノベーション前の間取り

リノベーション前の様子もチェック

 

【実例3】茨城県龍ヶ崎市:シンプルモダンリフォーム(2,050万円)

おしゃれなモノトーンのデザイン

築20年とまだ新しい骨組みを活かし、スタイリッシュなシンプルモダンに統一した二階建て全面リフォームです。

新築のようなリノベーション後の間取り

収納が不足しがちな昔ながらの間取りを、ご家族に合わせた収納プランに作り変えて物のないスッキリした空間に。

機能的な収納

カスタマイズしたオリジナル造作の収納は、新築ではできないリフォームならではのプランです。

おしゃれな広々階段

自由度の高い注文住宅をカスタマイズしていくとすぐ予算オーバーしてしまいますが、リフォームは予算に合わせて調整しやすいです。

リノベーション前の内観

リノベーション前の間取りもチェック

 

5.リフォーム・建て替えの判断基準

一戸建ての全面リノベーション

リフォームと建て替えそれぞれにかかる費用の比較も大切ですが、それ以外の判断基準もたくさんあります。

 

・間取り変更に対応できるか

建て替えも検討するお住まいはそれなりに築年数が経っている状況ですから、間取り変更で現代の暮らしに適合できるかも判断ポイントの一つ。通し柱や筋交いといった耐震性能に関わる構造が多いと、間取り変更が難しいケースもあります。また、木造住宅でも2×4(ツーバイフォー)工法など壁の撤去や移動が困難な建物も。

 

昔ながらの独立キッチンを今風のオープンキッチンに作り変えるといった変更が可能かどうかチェックしましょう。間取り変更が可能であれば、リフォームやリノベーションで今の新築と遜色のない住まいに作り変えることができます。

 

・築年数と建物状況

リフォームと建て替えどちらにすべきか考える際は、お住まいの築年数とメンテナンスなどを含めた建物の状況も判断基準になります。

 

築年数の判断基準はいくつかありますが、1981年の建築基準法改正に伴う耐震基準が一つの目安といえるでしょう。この年以前の戸建ては旧耐震基準で建てられていることがあり、現在の耐震基準に引き上げる耐震改修費用がかかります。

 

また、築年数が経っていると給排水管の劣化や柱・土台の腐りが発生しているケースも少なくありません。リフォーム以外にかかる費用も含め、どっちにするかよく検討する必要があります。

 

・今後のライフスタイル

リフォーム・建て替えをした家に何年住むのか?家族の人数やライフスタイルは?といった今後の生活も大切な判断基準。

 

たくさんお金をかけて建て直しをしても、数年で転勤になって家族そろって引っ越し、とてももったいないですよね?かけるお金とこの先そこで暮らす期間のバランスは、しっかり検討しましょう。

 

子育て世代の方は、これからお子さんが生まれる可能性も考えて、対応できる部屋数が確保できるかといった観点のチェックも必要です。増築や間取り変更で対応できるのか?建て替えをした方が良いのか?今後のライフスタイルをなるべくリアルにシミュレーションしましょう。

 

・セットバックなどの建築条件

同じ土地に建て直しする際、建築条件が当時と変わっていて同じ面積や形の家が建てられないケースがあります。昔から住んでいる土地でも、もう一度建築条件をチェックしてみましょう。

 

特に区画整理が行われていない昔の住宅地で多く、将来的に道路を広げるため建物をセットバックさせるケースも。このように建築制限が追加されている土地の場合、法律の制限を受けないリフォームの方が思い通りに家づくりできる場合があります。

 

まとめ.建て替え・全面リフォームの検討は建物診断から

建て替えとリフォームはそれぞれにメリット・デメリットがあり、今後の生活に大きく影響しますから慎重に検討しましょう。それぞれの費用を正確に比べるためには、今のお住まいの状況を正確に知ることが大切です。

 

耐震補強の必要性や雨漏れの有無、劣化具合を把握して正しい見積もりを出すために、建物診断を実施しましょう。りのべぇは外壁・屋根をはじめ小屋裏や床下などの見えない部分もしっかり調査・診断いたします。千葉県・茨城県で建て替えかリフォームか悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

 

小屋裏調査

小屋裏調査について

床下調査

床下調査について

 

 

この記事を読んだ方におすすめ


リノベーションのメリット・デメリット。戸建て購入との違い

【千葉の専門店解説】リノベーションとリフォームの違いと取り組み方

フルリノベーションとは。期間や費用を千葉の専門店が解説

費用相場がわかる一戸建てリノベーション実例集。注意点も解説


 

 

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。