千葉・茨城の一戸建てフルリノベーション実例を写真付きで紹介

リノベーションで現代的な間取りに

マイホーム探しの選択肢として注目度が高まりつつあるフルリノベーション。しかし、需要が高まってきたのは最近のことであるため、実際にどのような住まいが作れるのかイメージがわかない方も少なくないようです。

そこで今回は、千葉県と茨城県で実際に施工されたフルリノベーション実例を写真付きで解説。取り組み時の注意ポイントなども開設しますので、リノベーションに興味のある方はぜひチェックしてみてください。

目次


◼フルリノベーションとは
◼実例をたくさん見るのが成功への近道
◼千葉県・茨城県のフルリノベーション実例
◼フルリノベーションで注意すべきポイント
◼リノベーションは専門店にお任せください


 

■フルリノベーションとは

フルリノベーション中の住まい

「新築時の性能を取り戻す」リフォームに対し、既存の間取りにとらわれず「新築時以上の性能や使い勝手に作り変える」のがリノベーションの考え方です。住まい全体を対象とするフルリノベーションは、築年数の経った住まいでも新築同様の住み心地を得られます。今住んでいるお住まいの改修としてはもちろん、これからマイホームを取得する方の選択肢としても需要が高まっています。

 

建て替えや新築より費用を抑えられる点や、住む人に合わせた自由なプラン作りが大きなメリットです。解体による産業廃棄物を抑えられるなど地球環境の観点でもメリットがあり、これからの時代さらに需要が高くなっていくでしょう。

 

フルリノベーションに必要な期間や費用などは、以下の記事でも詳しく解説していますのでコチラもチェックしてみてください。

 

【関連コラム】フルリノベーションとは。期間や費用を千葉のりのべぇが解説

 

◼実例をたくさん見るのが成功への近道

新築と違い決まったフォーマットが存在しないフルリノベーションでは、間取りやデザインはお施主様次第。自由度が高い分、いざプラン作りに取り組むとどこから手を付けて良いか分からない方がほとんどです。リノベーションの第一歩としては、実際に工事されたリノベーション実例をたくさんチェックするのが有効です。

 

おしゃれな洋服を手に入れようと思ったら、まずはファッション雑誌を見たり道行く人を観察したりしますよね。リノベーションも同じように、暮らしやすい間取りや素敵なデザインをたくさん見てご自宅のプランに盛り込むのがおすすめです。

 

たくさんの実例を見て、気に入った住まいがあったらブックマークしておきましょう。いざプラン作りに取り組む際、気に入った実例を担当者にお伝えいただくと理想のイメージが伝わりやすくなります。

 

◼千葉県・茨城県のフルリノベーション実例

りのべぇが千葉県と茨城県で実際に施工した一戸建てのフルリノベーション実例を、写真付きでご紹介します。それぞれお施主様の悩みや不満を解決するアイデアがたくさんありますので、使い勝手の工夫なども注目してみてください。それぞれの実例の詳細も各ページにご用意していますので、気になる実例があったらそちらもチェックしてくださいね。

 

【事例1】千葉県匝瑳市:古民家リノベーション

おしゃれなLDK


・費用:1,300万円

・期間:4か月

・築年数:40年以上


築年数の経っている大きな古民家再生のリノベーション事例です。40年以上前の生活様式に合わせた間取りのため、現代のライフスタイルに合わせるためさまざまな工夫を盛り込んでいます。

使いやすいL型キッチン

なかでも家族が集まるLDKは特にこだわったポイントで、一般的な壁付けキッチンを作業効率の良いL型キッチンに変更しています。また、カウンター越しにリビングとコミュニケーションを取れるようになっていて、家族が集まる空間にピッタリ。元の引き違い戸を活かし、シンプルな内装と調和させた和モダンに仕上げることでおしゃれな雰囲気になっています。

新旧織り交ぜたデザイン

この事例のように、すべてを新しくするのではなく活かせる部分をうまく使うのもリノベーションの特徴です。コストを抑えられるのはもちろん、新築にはない味わいをデザインに活かせる点も大きなメリット。現在のお住まいに愛着があるという方も、ぜひご相談ください。

 

【リノベーション事例の詳細とほかの写真もチェック】

 

 

【事例2】千葉県佐倉市:一戸建てリノベーション

現代的な間取りに生まれ変わった


・費用:1,300万円

・期間:4か月

・築年数:40年


大きなガレージが特徴的な一戸建てを全面リノベーションし、現代的なライフスタイルに対応させた事例です。浴室のバランス釜や昔ながらの和室空間など、性能・使い勝手ともに不満のある状態から、現代的でスタイリッシュな住まいに。

古いバランス窯 昔ながらの和室

鉄骨造の頑丈な骨組みは活かし、床・壁・天井を作り直すことでほとんど新築のような見た目になっています。ダウンライトを多用してシンプルながらスタイリッシュにまとめた空間は、新しい家具や家電ともマッチします。

大規模フルリノベーション新しい間取り

 

コストを抑えるリノベーションの工夫

大きなガレージは使い勝手はそのままに、ラフなパーティクルボードやべニアで仕上げることでコストを抑えているのも工夫ポイント。バイクの整備などを行う際も、汚れや傷が気にならない点もメリットですね。

 

【リノベーション事例の詳細とほかの写真もチェック】

 

 

 

【施工事例3】茨城県龍ヶ崎市:古民家リノベーション

新旧を調和させたリノベーション


・費用:1,400万円

・期間:4か月

・築年数:150年


築年数150年の歴史ある建物の全面リノベーション事例です。ただ古くなっただけでなく、頑丈で価値のある建物のため、使える部分をたくさん残しているのが特徴です。

150年の歴史ある建物

真壁の純和風なお部屋は残しつつ、柱や長押を濃い色にする和モダンデザインで洋室と調和させています。立派な梁なども建物の強さと歴史を演出しつつ、おしゃれなインテリアの一部としてもアピール。すべて新品では出せない味わい深さを残しつつ、きれいでおしゃれな空間になっています。

和室を残したリノベーション実例

既存の柱や梁もおしゃれなアクセントに

間取りは広縁や一部の和室は活かしつつ、既存のDKのほかに洋風のLDを新しく設けて現代のライフスタイルにマッチ。出入り口が多い純和風の間取りを活かしつつ、動線が多く家事効率の良い間取りになっています。フルリノベーションではすべて洋室にしたいというご要望も多いですが、一部和室を活かしたり、和洋をうまく混ぜたりすると良い間取りになるケースもあります。建物の歴史を残しつつ、現代の使い勝手に合わせることができる点も、リノベーションの魅力です。

 

【リノベーション事例の詳細とほかの写真もチェック】

 

 

◼フルリノベーションで注意すべきポイント

断熱性能はリノベーションで注意

既存の建物を新しく作り変えるリノベーションでは、建て直しや普通のリフォームと違う点に注意が必要です。プラン作りや着工前に気を付けるべきポイントを知っておき、失敗や後悔の無いリノベーションに役立てましょう。

 

・かかる期間

上でご紹介した事例もそうですが、建物全体のフルリノベーションでは数か月単位の工事期間となります。1階と2階などエリアを分けて住みながら工事することも不可能ではありませんが、生活に不便な点は出てきます。およそのプランが固まったら、リノベーションにかかる期間を算出して準備を整えましょう。

 

工事中は音や振動が出るため家に居てもなかなかくつろげませんし、ホコリやゴミの問題もあります。工事内容によってはトイレや浴室が長い間使えないケースもありますので、毎回施設を利用するのも大変です。工事期間や施工順によっては、一度仮住まいに避難することも考えると良いでしょう。

 

空き家状態で一斉に工事を進めると、各職人が効率のよい手順で取り掛かれるため工事期間の短縮につながります。結果的にコスト削減につながるメリットも。なるべく早めの段階でかかる期間をチェックして、工事の進め方についてよく検討しましょう。

 

・補助金や減税の活用

国土交通省や各自治体などで省エネやバリアフリーといったリノベーションに対して、補助金や減税措置が用意されていることもあります。知らずに着工してしまうとせっかくのメリットを受け取れない可能性も。特に住まい全体のフルリノベーションを検討する際は、必ず各種補助金や減税の適用有無をチェックしましょう。

 

とはいえ、一般の方が国や自治体のややこしいホームページをすべてチェックするのは大変なことです。どの補助金が適用になるかといった点は、私たち施工店のアドバイスとサポートにお任せください。お施主様のリノベーションプランに応じて、適用となる補助金制度をお知らせし、お手続きもサポートいたします。

 

補助金や減税地ついては、以下のページでも解説しています。


【関連コラム】リノベーションの補助金・減税


 

・住まいの性能

フルリノベーションをご検討する場合、ある程度長く住むことが前提となってくると思います。リノベーション後10年・20年先も快適に暮らせるように、住まいの性能面についても注意しましょう。特に耐震性能と断熱性能は要チェックポイント。

 

間取りやデザインが最新になっても、断熱性が悪いと夏暑く冬寒い住まいになってしまいます。光熱費が余計にかかり、部屋ごとの温度差によるヒートショック現象など健康被害が発生するリスクも。プランや見積もりをチェクする際は、壁や床に入れる断熱材や窓の断熱性能もチェックしてください。

 

耐震性能も、地震の多い日本では見逃せない性能の一つです。どんなに暮らしやすい家も、大きな地震で倒壊するような性能では安心して暮らせません。ましてやこの先数十年命を預ける場所になりますから、現在の新築基準の耐震性能が必要だといえるでしょう。

 

耐震性や断熱性については以下の記事でも詳しく解説しています。


【関連コラム】耐震改修

【関連コラム】断熱改修


 

◼リノベーションは専門店にお任せください

リノベーションで明るいLDKに

メリットがたくさんのリノベーションですが、最適なプランを作ってスムーズに工事を進めるためには経験と知識が必要です。建て替えや新築とは違うポイントへの注意が必要ですから、リノベーションに特化した専門店に依頼するのがおすすめです。

 

りのべぇは本拠地である千葉県成田市をはじめ、茨城県も含めた地域密着営業で住まいづくりをサポート。1軒丸ごとのフルリノベーション専門店として、プロ目線のアドバイスをご提案します。各地に展示場やショールームも設け、リノベーション相談会も開催していますのでお気軽なご相談も大歓迎です。新築や建て替えと迷っている方も、費用面や仕上がりなど気になることをどんどんご相談ください。

 

【リノベーション勉強会情報】

【ショールーム・モデルハウス情報】

 

 

【お問い合わせはこちらからどうぞ】

りのべえ資料請求

 


この記事を読んだ方におすすめ

【リノベーションの流れ】

【リノベーション勉強会】

【施工事例・お客様の声】

【りのべぇ牛久モデルハウス】


 

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容任意

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00〜18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。